まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

共働きの家事はルールを決めないほうが良いと思っている

忸怩たる思いであるが、私の家庭は妻にも働いていただいている。 私だけの収入では家計をやりくり、露命をつなぐことができないからである。 つまり共働きなのだけれど、世の中にはそんな共働きの家庭が増加しているようだ。 ゆえにどこの保育園も園児の足が…

それが魔法というものなら

はてなブログの今週のお題は「もしも魔法が使えたら」というものなのだけれど、なんてメルヘンなお題なのだろう。夥しいほどにロマンチックが飽和している。 もしも魔法が使えたら、私はまず金持ちになりたいと思う。 なので一万円札を大量に出現させようと…

プライドを持って仕事をする輝かしい人々 ~cymaでママチャリを買った~

2歳児の通園に憔悴しきっている。 その目方15キログラムは、子育てマッチョである私にもさすがに重労働である。 そんな現状の打破に自転車を所望した。 なのでサイクルベースあさひという自転車の売人が占拠する場所へ赴いた。 暖簾だしとほぼ同時に行っ…

ロドリゲスの語尾が「〜でゲス」だったらどうしよう、と心配です

ラテンの匂いが強い名前だなぁと思う。ロドリゲス。 好きな飲み物はテキーラとマテ茶。 食事のサイクルはタコス、テキーラ、シュラスコ、マテ茶、ときどきサボテン。 そんなロドリゲスの語尾が「〜でゲス」だったらどうしよう…と心配になってしまう。 とくに…

子育てマッチョ

人間の刹那的進化として筋トレというものがある。 どうやらこれを行うと精神的に健全になれるらしい。 そんなばかな。 と思うが、まぁそういう信仰があっても私は寛容なのでゆるしちゃう。 体重が増加している。困惑している。たんじゅんに太ったのだろうか…

南北の差異

南北問題というのが地球規模でおこっている。 それはもちろん先進国発展途上国うんぬんかんぬんがありーの、お隣の大陸の端っこの国政にもありーの、かつてアメリカ合衆国でもありーので、北と南はなぜだかいつも反目しあっているのである。 それはなぜだろ…

シングルマザーの交際、再婚について

私がはじめて死にたいと情念したのは小学6年の時である。 もっとずばり正確に厳密に申しあげれば、死んだほうがいいのかもしれない、という情念であった。 べつだんイジメやら、交友関係やら、明日の行く末に悩んでいたわけではない。 ではなぜ己の生命欲を…

失われた日本の文化

蟹行文字の横溢に辟易している。 アジェンダ。メソッド。コンプライアンス。ナイキ。アディダス。ジーショック。 意味不明なカタカナ語ばっかり使ってんじゃないよ!と私はいつも慨嘆している。いつまでこうして亜米利加からの精神的植民地支配をうけている…

car10というバンドのCAR10というアルバムがよかった

私はアップルミュージックという月額制音楽配信サービスを受けている。ときおり適当に存じあげないバンドを選んで聴いている。 それはとれも瀟洒なアルバムアートだったもので聴いてみた。car10というバンドだった。かっこよかった。ジャケの小洒落たかんじ…

どうしてオカマはおもしろいのか

マツコデラックスという人が好き。テレビに出ているとつい見てしまう。 歯に衣着せぬ物言い、というよりは事象の顕揚化がとても巧みだと思う。それは生理学として男性の脳漿を持ちながら、感性や感覚が女性的だからなんだと思っている。 M2 デラックスなマス…

満員電車にサンダルを履いて乗ってくる女

今朝。高崎線。電車内。サンダルを履いた女性が入ってきた。 私は「踏まないようにせねばならない!」と身構えた。しかし、これってどうなのだろうか?と思った。 なぜならばサンダルを履いてきたのは彼女の意志なわけである。 それはもちろん、彼女のファッ…

ブログを開設して一年経っていた

はてなブログ運営様から電子メールが来ていた。冒頭に貼り付けたイメージが添付されていた。 俺、1年もブログやってたのか。 ブログをやりはじめてから、世の中のいろんなことに気がつくようになった。 実例を申し上げる。それは上記はてな様からのメールで…

私の妻は松井秀喜

妻が毎年欠かさずにやっていることがある。 それが「歳をとる」ということなのだけれど、ついに31回連続して歳をとり、自身の最高記録を更新したのである。豪儀である。 そんな妻の誕生日は過日6月12日であった。ふたご座である。ちなみに同日誕生日を…

友人と飲むうまい酒はそもそも味なんて関係ない

ニルバーナというアメリカのバンドがいた。カートコベインというカリスマロック歌手が在籍していた。彼は94年の春に自決した。錆び尽きるより燃え尽きたかったそうだ。 彼らのヒット曲にスメルズライクティーンスピリットという楽曲がある。それが店内に響…

MAJESTICから感じるDragon Ashのミクスチャーロックバンドとしての気骨

ミクスチャーロックというのもずいぶんと都合の良いジャンルであるなぁと思う。だってミクスチャーってまぜこぜって意味じゃん。 そもそもロックなんていうのは白人による黒人文化の模倣の延長、それは源流をたどればミンストレルショウなんかに回帰すると思…

薬物的効果としてアルコールを摂取している

「お酒が好き」と胸をはって言える方がかっこいいなぁと思っている。それはきっと自制ができているからであるし、またお酒を嗜好品としてあじわうことができているからであると勝手に思っている。 私はさいきんまた飲み始めている。鬱憤がたまることが多いか…

分煙があるのなら分エナジードリンクもあってしかるべきでは

たばこの紫煙を忌みきらい、分煙という戒厳令が布かれている。 その人は喫煙者だと判明されると、秘密警察に強制連行され、世俗から隔離されたゲットーへうながされる。そこで喫煙者はちいさな幸せを得てくらしている。 それが分煙である。 どうして分煙が必…

エレキギタリストしか読めないかんじ

ディストーションの「歪み」を歪みと読んでいる方がいた。 ちなみにディストーションとはエレキギターの音色のことである。 ギャーンってな轟音のこと。 ちなみに音色も音色ではなく音色と読む。 たしかに初心者にはわかりづらいと思う。人は間違えて学問し…

ドキュメンタルを見た感想。どうしておもしろい、つまらないと賛否が分かれるのか。

中空に「ぼけ」が漂流していた。 しかしだれも「つっこみ」をしない。なぜなら、面白くなってしまうからである。 お笑いとは打ち上げ花火のようなものであるなぁと思う。 丹精込めて作成した「ぼけ」に「つっこみ」で火をつける。炸裂するのは人心の抑えきれ…

上尾市丸山公園に行ってちかくの食事処「新道」でまぐろカツを食った日曜日

晴天がきらい。お天道様に「お外にでて遊べ」と急き立てられる錯覚を起こすからである。こっちゃつかれとんねん!とゼイロク風情に語ってみるも、無情にも空は晴れていた。 上尾市の丸山公園に赴いた。広大な敷地の公園である。入園料などはない。午前10時…

親が子どもにしてあげられること

ひとは悲しいかな、学ぶ。そうするとそれを活かそうとする。それは茶の煎れ方やソラマメのむき方、上野動物園でパンダをいかにうまく見るか、などの日常生活から、いうなれば「生き方」まで支配する。 私も人の親となった。子どもが生まれればオートマチック…

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており…

かわいいは正義

感情の機微は、ブログの胎動だと思う。 つまり感じたことや思ったことというのはブログにとって話題になる。私の場合は日記であるが、その類を運営するうえでも、やはり心の動きというのは記事にしやすい。 怒り。 それは私にとって日記を書くにあたっての動…

「アジェンダ」などの突然の外来語の強襲

「ペンディング」と言われて困惑した。 こんな公の場でそんな…と頬を赤く染め、もじもじと居心地を悪くした。しかしなぜ忽然と情交について言及したのだろう、と思ったが文脈的にそうではないようだ。 なんなんだペンディング。と考えていたら会議は終わって…

アベフトシという沼

好きなギタリストは?と問われると困る。そのときの気分によるのです。ちなみに今はデレクトラックスがすごく好き。 さいきん、と言っても2ヶ月前くらいにライブアルバムをテデスキトラックスバンドで流通させていた。オークランドのライブアルバム、これが…

映画エクスマキナを観て、人工知能が仕事を奪う懸念はなくなったと感想を擁した

エクスマキナという舶来の映画を観た。感想を書きたいのだが、私はあまりこういった「SF映画」、表意文字にすると「科学的虚構映画」なるものには明るくない。 だが、そんな私が見てもおもしろかった。たぶんいろんな考察やらを書いている方がいるだろうな…

遊ぶか食べるかどっちかにしなさい

難題である。 だって遊びたい時にご飯の時間がやって来るのである。だから遊びながら食べるというハイブリッドな発見をしてしまった。柔軟な頭脳ゆえの空前絶後のアンサーである。まことにもってジーニアス。しかし、嗚呼、どうしてこうも世界は生きにくいの…

髭の「すげーすげー」を聴くと幻覚作用が起こる。危険だ。

音楽は心に風を運ぶ。 と、断定的なかっこいい冒頭文を書いてしまった。これは今後の文脈のなりゆきを支配するのでは、と懸念している。でもそう思っているのです。私は。と、倒置法を用いると、なんだか主語が強調されますね。ってなにを書いているのだ、俺…

普通になりたかった

普通ってなに?ってなりますが、個人的には「みんなといっしょ」ってことだと思っています。しかしその答えは人それぞれにあると思います。立場観点によってその答えが違うと思います。上から見れば謙遜であって、下から見れば憧憬です。私は普通に憧れをも…

The BirthdayのNOMADを聴いて思うのはチバユウスケの愚直なロック魂

侮蔑であろうか。 しかしチバ(敬称略、と書いて思うこと。それはロックミュージシャンに敬称をつけるのもいかがなものか、ということである。ロックとはフラットな関係である。そこに儒教観念を持ち込むのは無粋である。しかし実際チバと直面してお話しをし…

低糖質パンという悪魔のおやつ

世界とは蠱惑的である。やめてくれ。おれを惑わせるな。酒、たばこ、ギャンブル、セックス、ドラッグ、そしてロックンロール。これらは修験者として白装束を身にまとい、滝にうたれ、経を読み、いっさいの色欲を断絶した私の戒律を倒壊させる。その最たる天…

2歳8ヶ月はまだ夜泣きをする

過日。夜半。2歳8ヶ月の血族は号泣していた。寵愛する息子である。しかしその泣叫は耳に障る。すべてが判然としない暗闇のなか私と妻はおきあがった。ねむい。 じめじめとした闇が支配していた。けたたましい叫び声だけが響いていた。なにも見えない。なの…

日記が書けない

圧倒的な才能というものがある。それを眼前に突きつけられる。いままで自分のしてきたことが卑小に感じられる。強く光を放つその才能を前に、自身の積み上げてきたものがとても恥ずかしいものに感じられた。ゆえに私は日記を書くことが恥ずかしくなってしま…

2歳児を恐怖で制圧してしまうのだが、このままではいけないと思っている

わが家の2歳男性が最高権力をもってる。こんなことをいうのは身勝手だとおもうが、拙宅の所有権は私の名義になっている。マイランド。私の土地である。しかしそこで誰が最高権力をもっているか、というと息子の2歳男性なのである。 つまりどういうこと?っ…

THE BACK HORNの超個人的おすすめ曲25選

いつも読ませてもらっているculture timeのカルさん(id:tanilifelog)さんがバックホーンについて記事を書いていた。 レコチョクが掲載させているバックホーンの人気曲がおかしいぞ、というものである。 www.culture-time.net これ。私はこのカルさんさんの意…

ツイッターの「いまどうしてる?」に答えてしまう

じつはツイッターなんかもやっている。なぜかと言われれば、それはやっぱりブログのプロモーション活動、とか思ってたけどツイッターってやっぱ面白いっすわ。手軽で気軽で上がる。 身の程を知らぬ行為であるかもしれない。しかしたまにツイッターに人生のチ…

無神経な訣別 ~息子とトトロとパパとママ~

今朝方。トトロがすごいと思った。トトロというのはスタジオジブリが作成したアニメーション映画「となりのトトロ」に出てくる魑魅魍魎のたぐいなのだが、それとない愛くるしさで人気を博してる。 じつを言うと私もこの映画の愛好者であって、というか私はス…

人生スイッチという映画を見た感想

喜怒哀楽という摩訶不思議がある。 それがひとの精神世界を支配している。しかしこの四つのくくりはいささか大雑把すぎるのでは、と所感をいだく。神は意外と杜撰である。 しかし、そのなかでも「怒」というのは異質ではなかろうか。なぜならば怒りは他のど…

髪型自由のバイトが過酷だった

かつて人と森がひとつだったころ私はバンドマンだった。ロックに幻影をいだいていた。ゆえに長髪だった。なぜ長髪かというと理由がある。それは演奏中に毛髪で顔面を隠蔽したかったからある。それがバンプオブチキン爾来のトレンドだったからである。バンプ…

どうして自分ばかり不幸なのだろう

自分ばかりに不幸が降り注ぐ。なぜいつも私だけ?そう思う。つらくなる。かなしいではなくつらい。そして死にたくなる。本日もそうだった。なぜ私の塩鮭ばかり骨だらけなのか。 今朝めしどき。メインにこさえたのは塩鮭である。ひとつ100円の塩鮭である。冷…

人気のおすすめ日傘、厳選した4つとその使用方法について!

日差しが強くなってきましたね!太陽はさんさんと輝きを奔らせています!降りそそぐ光脈は心底まで照らし、すがすがしい気持ちにさせてくれますね! しかしいっぽうで、その光に含有される紫外線はお肌の天敵です!しみやそばかすの起点となりますので、しっ…

チョコモナカジャンボよりバニラモナカジャンボのほうがうまい

極論は避けるべきである。それを見て傷つき、怒る御仁方がおられることが想像できるからである。 しかし、そうして当たり障りなく生きていくのは気がひける。なぜなら俺は男だからだ。言いたいことは言う。それで誰を傷つけようと知ったこっちゃない。体裁ば…

連休に縁のない人生を送ってきた私のゴールデンウィーク2017

5月4日木曜日晴天。 過日。我がゴールデンウィークの火蓋は切っておとされた。しかし、その日のニュースで「本日よりゴールデンウィークも後半に突入しました!」なんて仰っていた。たいへん配慮に欠ける発言であった。傷心したのでBPOに訴訟した。後刻…

警察官の友だちの結婚式に行ったら「この国はもうだめだな」と思った

警察官といっても彼は刑事である。こんなことを私が胸中に抱えていたら彼は傷心してしまうかもしれない。けど私は、彼が刑事になれたのは確実にコネクションのおかげだと思っている。なぜなら彼の父親は彼と同じ刑事であるからだ。そして彼の父はなんか知ら…

モスバーガーが最強ってことでいいね?

先前、モスバーガーなるファストフード店に赴いた。婚姻関係にある女性が、近年かかるメーカーが開発したという「クリームチーズテリヤキバーガー」を、死ぬまでに一度でいいから食べてみたい、と言ったからである。 そんなこと言われて男が黙っているわけに…

空耳アワーでおなじみAt The Drive-Inの新譜「In●ter●A●li●a」を聴いた

こういうことを書くと差別だ!と言われるかもしれません。しかし勇気をだして記載すると、オマー・ロドリゲス・ロペスという名前が好き。 とくにオマー、ロペスと言うちょっとポップな語感に、絶妙にサンドされたロドリゲスという強靭な筋肉感がとても良い。…

所沢航空記念公園に行った。また行きたい。

休日だからと言って、うかうか休んでばかりもいられない。妻と2歳の息子に行楽をさせてやりたい。そう思い、私の生命は躍動した。 所沢にある航空記念公園に足を運んだ。時は平成29年5月4日木曜。世相はゴールデンウィークに熱気を帯びていた。 緑の多い公…

必死なヤマトのニュースを見るとAmazonが頼みづらくなる

こういったニュースを見た。↓ ヤマト“サービス維持を”9200人増員へ(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース あとさいきん、こういうのもよく見る。↓ ヤマト運輸“アマゾン当日配達”一部撤退へ|日テレNEWS24 つまり、ヤマト運輸がアマゾンのせいで激烈な…

だけどやっぱりMEWが好き「Visuals」を聴いた

Owl Cityというアメリカ人の音楽マンがいて、その肩書きが「ドリーミー・エレクトロ・ポップ」という。なんじゃそりゃ。と思いますが、人心に眠る音のイメージ、その可視化をよく捉えた表現ではないかな、と思います。 そいで、最近はMEW(ミュー)というデ…

生きることのつらさは他人との比較で生じる

生きていることはつらい。そう思う。なぜなら人と比べてしまうから。自分は自分なのに。でもどうしても比較してしまう。人の心は難儀である。それをもっとも痛感するのは電車内で座れないときでなかろうか。 人は欲を持している。それは欲求御三家として知ら…