まだロックが好き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだロックが好き

アラサーです。 ふだんはサラリーマンをしています。 元バンドマンです。 高校から一緒の妻と、2014年に生まれた息子がいます。 趣味でまだバンドをやったりしてます。 まだロックが好きです。 そんな日記です。ブログではありません。 日記です。

学校教育はまじで「ボールペン」を導入することを検討すべき

息子の保育園の連絡帳を書いている。 なにを食べたとか、何時に寝たとか、おうちのでの様子とか。この「おうちでの様子」というのに難儀している。というのも、文章にせねばならないからである。なぜ文章にせねばならないと難儀するか、というと私の書いた文…

みんな静岡おでんにだまされてないか

テレビで芸能人が静岡おでんとかいう食い物を口に運んでいた。私はなんだか、アフリカに行って土着民族に薦められるがままタロイモを練り固めたやつを口に入れられる世界うるるん滞在記のような錯覚をおこした。だってあれってそんなうまいもんじゃない。 私…

おっさんのくしゃみは何故でかいのか

車内でなにかが爆ぜた。炸裂した。テロか?と私は訝った。それほどの轟音が響いたのである。場所は高崎線直通上野東京ライン車内。しかし車内は妙に落ち着きをはらっていた。世界はなにごともなく回っていたのである。 それは咆哮であった。男の咆哮であった…

母子家庭で育った男性の性格形成について

「貴殿以上に人格の闇黒めいた人間をお目にかかったことがない」 というのは妻から私への最大の賛辞である。 くだけた表現を使用するならば「おまえ、めっちゃ性根わるいわ」ということである。であるがしかし仕方ないと思っていただきたい。なぜなら私は母…

羽生市さいたま水族館へ行った

幸せになりたい。 これは「なんかいいことないかなぁー」て感じの漠然とした願いでなく、切実である。私は切実に幸せを手に入れたい。 その切実さゆえ、幸せを探しに水族館へと行く運びと相成った。家族の行楽というのは「幸せ」を伴うからである。 場所は羽…

慣らし保育で慣れなかった

2歳の息子が慣らし保育を終えた。慣らし保育というのは、こどもが保育園になれるまで短時間保育をすることである。お昼までとか。息子は転園であったためすぐにその施設になれた。すでにお友達もいるようだ。ほんとうに私の血が混じっているのか。そう思う…

パクチーブームの次にくるのは三つ葉ブーム

カルビーからパクチー風味のポテトチップスが発売されている。期間限定のようである。ここでひとつ苦言を呈したいことがある。それはもともとこのパクチー風味のポテトチップスはカルディという南蛮渡来の食料品店で販売されていたことである。ここがややこ…

三井のリパークの「リパーク」についての誤解

私の通勤路に三井のリパークという駐車場がある。コインパーキングである。 パークの意味は知っている。車のギアにも「P」というものがあり、その正体はなにを隠そうParkの頭文字Pであって、つまり駐車するという意味である。 それはいつのまにか名詞化し…

竹原ピストル「PEACE OUT」を聴いてやっぱ天才だなと驚嘆した

たまに、ごくたまに。現代ふうガチャ的に言えばSSR。ダブルスーパーレア級にであるが、呼吸が苦しくなるほど切実な切迫する、つまり幕之内一歩のリバーブローを食らったかのごとき呼吸困難に陥ってしまうような歌を歌う人がいる。 その一人に私は竹原ピス…

ひとりで飯は食えるけど、ひとりだと写真が撮れない自分に消沈する

こうして日記なんてものを綴っていると、書きやすいことというのは「食ったもの」であったりする。 どこのなにがうまかったとか、ここいらにはこういったご当地グルメがある、とかそれらはたいへん公益性が高い。よって読んでくださる方にも有益な情報として…

いつかかっぱ寿司のカッパに復讐されるのではないか

柳田國男が、妖怪とは神の零落した成れの果て、と言っていた。 例えばカッパである。國男いわくカッパはex.水神さまである。ようするに水神さまが人々からの信仰の対象としてはずれ、奉られた社が雨風浸食、風化荒廃、のちに用済破壊され、帰る場所を失いホ…

ら抜き言葉の静岡人

「ごはん食べれる?」なんて妻が言うもんだから、「おまん、それラヌキ言葉だで」つったら、妻はきまりの悪そうな顔をして、「でもさ、それはもう定着してるからラヌキ言葉じゃないよね!」なんておっしゃっていました。 自分に甘い人だな、と思います。なぜ…

ブログの趣味化

平日の午前中に自宅邸にいる。ぼんやりとしている。コーヒーなんて点てちゃったりして放心している。くすんだ灰色とうすい空色の混じった曇天のした、お庭の軒下で無心になっている。 とうとう日ごろのサボタージュが判明言明され、会社から肩を叩かれクビに…

生きていてよかった ×15 深夜高速について

ぜんぶゲットワイルドって、あはは。突飛。しかも不備って。てかそんなの間違えちゃうよ。 www.cinra.net おんなじ曲だけでアルバムなんて珍奇だなーなんておもっていたんですが、そんなトリビュートアルバムがあったことをふいに思い出し、日記の記載にいた…

牛丼屋でみつけた少子高齢化対策への糸口

私はさもしい人間です。牛丼屋でうなぎを食う御尊老を拝見して「あ、おれの年金が消えていく」と思ってしまったのです。卑しい人間です。 自己怠惰による貧困の、それに対するうっぷんを誰かに向けたいのかもしれません。私の前には牛丼の並盛りです。牛丼は…

新入社員に贈呈したい「やばい」の代わりになる言葉

おめでとう、なんて言うほど私の性格は下卑ていない。とりあえずこれから調和をよろしくしたい、と願うばかりである。 というのも、弊社にも新入社員なる若輩が入社したからである。 現在研修まっ最中のご様子である。そこで私もふと思い出したことがあり記…

大人のけんかの止めかた 上野東京ラインでのできごと

今しがたのことで感動さめやらぬ。 2017.3.31.22:20頃上野東京ライン。神田駅線路内人立ち入りの影響で遅延。それは新橋東京間での信号停止中であった。私は立ち乗りしていた。 私の後ろをどかどかと通る人がいた。彼の肩下げかばんが私の尻にぶつかる。私の…

ありがとう保育園

本日2歳の息子が人生の節目をむかえる。 2年の人生ではじめてのさようならをする。マジバイバイ。 陽気な息子なのでたぶんかる~くばいばいと言うだろう。しかし私は泣いている。 私のしらない息子ってたくさんいる。 休日一緒にいると急に私の知らない歌…

「ご苦労様です」と言ってはいけない

先日、会社で息を吸ったり吐いたりしながら遊んでいると、他部署の若輩から「ご苦労様です」との発言を浴びた。 私はどういうこと!?という驚愕の念を抑制しながら「あ、おつかれさまです…」と返礼をいたした。 いいんすよ。べつに。私はどっちでもいいんで…

社会問題とスリッポンの流行

解せないことが多々あり憤慨の極致である。どうなっているんだこの世の中は。森友問題はなんなんだ、誰が虚言を呈しているのか。姫路こども園、私が保護者であれば園長に拳骨を贈呈している。てるみくらぶ、なめているのか。ほんとしょうもない。って、それ…

エレカシのRAINBOWって曲が思い出させてくれた衝動

ついカッとなって。という文言にひどく共感を覚える。ちょいとした拍子に感情を突き動かされてしまう。突き飛ばされる、といったほうが正しいかもしれない。 さいきんエレカシがベストをだした。またかよ、っておもったのだが、ベストというのはドライブなん…

電車内、体調不良の人多すぎ問題

3回である。半年間で3回。これが多いのか少ないのかはわからない。 そりゃあものごとにはそれぞれの尺度があるわけで、たとえば半年でフォアグラのグリルを赤ワインソースで堪能した回数が3回というのは庶民的感覚からして多いほうである。対して、この半…

ノーリツ給湯器、しゃべる言葉に気をつけろ

俺はなんて心のせまい人間なんだ。人様からみたら瑣末ごとなのに、なんでそんなことうじうじと気にするんだ。だめだ。だめな人間なんだ。俺は。もういっそ俺なんて消えたほうがいいんじゃねぇか。なんて思うことがたまにある。 我が家にはノーリツという会社…

トミカフェスティバル in Tokyoへ行った

快晴。日差しは春のにおいを際立たせていた。しかし、ひんやりとした清潔な空気の流れる一日であった。 夫婦子ども、ともに休日であった本日は池袋にあるサンシャイン池袋という高層ビル施設に侵入。タカラトミーの主催するトミカフェスティバルなるハレの祭…

姫路のこども園問題を見てKidsly(キッズリー)の導入をすすめたい

2歳の息子を保育園に通わせています。とても親身になってくれる保育園で感謝してもしきれないです。本当にありがたいと思ってます。 さいきんそんな保育園の信用をなくすような人間がいる、というニュースがありました。私は怒りとともに悲しくなりました。…

音楽はことばよりもプリミティブ

ナーダブラフマーてのはインド語で「世界は音」って意味なんですね。「この世界、宇宙を形成しているものは音だ。」ってわけわからん発想なんですよ。しかし、それがヒンドゥー教では知れわたっている観念なんだけれども、なんとも傲慢なご意見ではないか。…

1ヶ月断酒してわかったこと。と、これからのこと

【広告】 // じつは、って言うほどのものでもないのだけれど、2017年、つまり今年に入ってあまり酒を飲まなくなった。2017年1月3日から2月の半ばくらいまでは、すっぱり酒を断った。 なぜか、といえばたいした理由もないのだけれど、みなに「やば…

こどもの諍いごとは、そばでだまってみているのが正解なのかもしれん

日曜日のことである。巨大なすべり台のある公園に赴いた。巨大なすべり台というのは、接臀面が数多のプラスチックのローラーになっていてガラゴロと回転を利用して滑走するタイプ、と形容すると認識しやすいと思う。…しやすいか? すべり台なのでまず登上す…

The ShinsのHeartwormsを聴いた。おれはシンズを愛している。

無条件に好きなバンドがいくつかいる。GRAPEVINEとかエレカシとかリバティーンズとかプリンスとかトラヴィスとか。なんだかチョイスに節操ないですが、この無条件をひとは崇拝と呼ぶのかも。プリンスはまじで神になってしまったが。 そんなかにThe Shinsが加…

KEMURI伊藤ふみおの声とFREEDOMOSH

伊藤ふみおのボーカルは「きしめん」みてぇだな。と思う。ぶっとくて、平たくて、コシや粘りがあるわけではなく、歯切れよい。なめらかで、素材の味が活かされていて、そして「うどん」というカテゴリーに収まりきらなくなるほどの存在感。あと、たぶん嫌い…

宮崎あおいと私の息子はいつまで前髪ぱっつんでいるのか

今朝、テレビをつけていたら絶対的な正義が流れていた。 宮崎あおい ロート製薬 SUGAO「ふわっとUVスフレファンデ」篇TVCM 宮崎あおい。 かわいくてしかたない。まじ。なんなんだあの雰囲気と顔の造形は!奇跡か!神のいたずらか!遺伝子の神秘か!ミラクル…

春だからってなんでも「さくら味」にすんのやめてほしい

春がスタバから落ちてきた。 画像引用元:http://www.starbucks.co.jp ※終了している商品です。2017/3/15現在 スターバックスコーヒーにて、「さくらブロッサムクリームラテ」と「さくらブロッサムクリームフラペチーノ」販売されていた。冒頭文はなんとなく…

おもいでケータイというお題が泣けてしかたない

私はふだん、このはてなブログというブログサービスで日記を書いている。すると「今週のお題目」なんつって、こいつでいっちょ日記をかいてみないかい?と、かかる具合にテーマを提案される。今回はauとの合同企画で「おもいでのケータイ」というもの。 そい…

ホワイトデーは和訳すると「白日」

「白日の下に晒す」なんて表現がある。隠蔽されたものごとを明るみにする。といったような意で。なのにあえてこの3月14日の儀礼が「ホワイトデー」っちゅー名前に成り果てたことに、私はとても感銘を受けている。ひとしおに。 白日はすべての思惑をさらす…

2歳男児がおすすめする「Blippi」というアメリカン教育動画

私はいまだいたい2歳である。 なので表題である「2歳男児が」はまちがいではない。「2歳男児に」ではない。生粋の日本人なので助詞にはびんかんだ。 さて、聡明な父と健美な母のもとに産まれた私。ふだんは保育施設にかよっている。平均的な2歳児よりも…

ハードコンタクトを10年使用している私の愚痴

「コンタクト、ハードにしようと思っているんだよね。目にいいらしいしさ」 という思いつきの発言に、私は、憤りを感じた。あほたれ。ハードをなめるな。 なにを血迷ってハードコンタクトなんかにしようとしているのか。勘か。こんなもん良いところなんてい…

カフェ恐怖症

カフェが落ち着かない。 いくつになっても定職につかずぷらぷらぷらぷら。まわりの友人知人はみんな結婚し、こどもも出来て、土地を購入、家屋の建築にまで至っているってのに、きまった収入も無く、その日暮らしの風来坊「カフェ」という意味でなく、カフェ…

歌が上手くなりたければ腹筋よりもカラオケで録音しろ説

人間の耳には内耳と外耳という部位がある。 内耳というのは読んで字のごとく耳の内側にある部位。外耳というのはこの世界の空気振動をキャッチするために外側に付属している部位。中耳ってものあるけど無視します。めんどいので。 自分の声を録音したものを…

【Nintendo】お前らゲームしてる時間なんてあるのかよ【Switch】

三十路の社会人男性が子育て奮闘記を記載するブログである、この日記。2歳男性職業遊び人を有する我が家はまいにちがハッピーであるが、しかしむちゃくちゃ大変である。 そんななか世の中は浮かれている。阿呆のように踊り狂っている。何故ならば、かかる平…

探究心について

私は音楽にかんしては登山家タイプだ。なにを言っているのか。探究心の話である。ワンダーフォーゲルの話ではない。思ったので書き留めたい。 日曜日。ふと、さいきんの音楽を聴いてみよう、と思い立ち、アップルミュージックをスクロールしていた。「新着ミ…

ピアノは鍵盤楽器ではありません

「ピアノは鍵盤楽器じゃない」と主張している。だいたい、はぁ?と言われる。ばかだと思われているかもしれない。でも仕方がない。男の信念はかんたんにゆるがない。 私は「ピアノは打楽器」と言う人間が好き。その演奏方法も含めて。さいきんスタイルカウン…

ママにが泣いて喜んだ1歳の誕生日プレゼントはオリジナルの絵本

「こどもの1歳の誕生日は、ママとしても1歳の誕生日なんだよ!」 すごいことを言うもんだ、あつかましい。と今となっては思うが、こどもの1歳の誕生日を間近に控えたパパ新兵としては「なにか記念になるものを!そして妻が喜びそうなものを!」と思い、よ…

「普通の家庭に育った」っていうヤツだいたい実家金持ち説

なんと腹立たしい。むかっ腹がたっている。憤慨ここに極まれり。無自覚な謙虚さに、わたしは傷付けられた。 昨日のことである。会社の若い衆と談笑していたさい気になる一言があった。 「あー、でもウチ、ふつーの家庭ですから」 ふつーの家庭。もうなんの話…

終わりなき旅を聴きながら田原の気持ちを考えると泣ける

ちょっと気恥ずかしさのある発言だけども、ミスターチルドレンの「終わりなき旅」という曲が好き。 名曲を恥じるな!と言われそうですが、私、すでに30を越えたおっさん。しかも妻子もち。それが「もっと大きなはずの自分を探す」つって自分探しの旅にでて…

一生会わない戦法

もうこの人とは一生会わないだろうなぁ。と思う人に、けっこう無礼な態度をとってしまう。「いや、おまえ、ふだんから無礼だぞ 」とか思っている方もいらっしゃるでしょうが知らねぇよ。 これは日本の古語にある「旅の恥は掻き捨て」というヤツなんだろうけ…

葛藤葛藤葛藤

わらわらっと書こうとおもうんですがね、やはりこう私のブログってただの日記なんですよね。だからこう皆さんが運営されているお役立ち情報満載のブログ、なんてのを見かけると、あちゃーしまったぁ。こういうことを書くべきなのかぁ、なんておもってしまう…

不安と疑惑とその手続き

土曜は朝からてんてこ舞いであった。てんてこ舞い。ふふふ。へんな文字。 子どもの転園に関し、新しく世話になる保育園に足を運んだ。説明会であった。そこで抱いたさまざまな不安に関して、ここで吐露することは図らずとも愚痴愚痴したものになってしまうの…

新築戸建ての不動産仲介手数料を無料にして100万円得した話

不動産仲介手数料ってのがまかり通っている。 物件価格の3% + 6万円 だったかな?つまり3000万のお家を買えば96万くらい。まぁだいたい100万円ですね。払ってないから知らんけど。名は体をあらわし、それはもちろん不動産仲介業者に支払うこと…

THE BACK HORNを聴いて咽び泣く三十路のあたし

やはりこの歳になり、いろいろな責任が押し寄せてくると誰にも頼れない。上からも下からも「どうするの?」なんて具合に圧迫されてしまう。横に逃げようも同期はもういない。囲い込み運動ですね。それが社会人ですよ。 そんなとき、誰かに「大丈夫だぜ。今夜…

ピザ奉行

せんじつコストコに赴いた。すでに日記に書いたが。その際、ちまたで評判のピザを購入し食すことに相成った。種類はシーフードと呼ばれるもので、魚介類がメインの具材であった。端的な感想であるが美味であった。 ※画像はflickrのものです。念のため。 巨大…