まだロックが好き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだロックが好き

アラサーです。 ふだんはサラリーマンをしています。 元バンドマンです。 高校から一緒の妻と、2014年に生まれた息子がいます。 趣味でまだバンドをやったりしてます。 まだロックが好きです。 そんな日記です。ブログではありません。 日記です。

The ShinsのHeartwormsを聴いた。おれはシンズを愛している。

無条件に好きなバンドがいくつかいる。GRAPEVINEとかエレカシとかリバティーンズとかプリンスとかトラヴィスとか。なんだかチョイスに節操ないですが、この無条件をひとは崇拝と呼ぶのかも。プリンスはまじで神になってしまったが。 そんなかにThe Shinsが加…

「エモい」という言葉 saosinを聴いて思い出したこと

あれは高校のころだったか。忘れてしまったがとにかく10年以上前。友人の神尾くんがおっしゃっていた。 「マジ、エモい。」 これはどういうことなのか?、と「まじえもい」の文節を読点にて区切り、単語をカタカナ表記にし、それに形容接尾語を付けている時…

GreenDayのWarningに毒されたこの世界の歩きかた

最近、なんのコマーシャルかわからんのだけど、竹原ピストルの「よー、そこの若いの」という曲が、テレビジョンにHDMI接続したパイオニアの5.1chスピーカーから流れてきていることに気がついた。 さっそくの余談であるが、最近なんのCMだかわからないCM…

なぜ男子は「傷だらけのボロボロ」が好きなのか?ロリーギャラガーのギターと孫悟空

さいきん個人的にブルースロックブームが到来している。たぶん生涯7度目くらい。 うそ。3度目か4度目くらいのブーム。なんかブルースロックを聴いているとかっこいい!という根拠のない虚栄心から見栄をはった。ちいさなうそのつき放題。自分の心に正直で…

「いとしのレイラ」デレクアンドザドミノスに見るロック音楽の混血

エリッククラプトンを語るには私は無知すぎる。 ときおり彼のギターや音楽を耳にはするが、なんとなしに過ごしてきた。ふーんこれが世界三大ギタリスト、スローハンド、ギターの現人神ですか。なかなかたいそうなネーミングですね。なんて。 そもそも私はい…

こんな日はカーディガンズでも聴いてポップにオシャレにラテでも飲もうぜ

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト 子牛をのせて行く 有名な歌詞である。ドナドナ。子牛売買のうた。この売買にはさよならのバイバイもかかっている。憶測ですが。 ある晴れた昼下がり、というシチュエーションに出くわしたとき、必ずといっ…

27クラブにいつの間にか追加されていたエイミーワインハウスを聴いたらカッコ良すぎておしっこ漏らした話

いまさら?とか言わないで欲しい。 かっこはじまり。 ちなみにこの「いまさら?」はアラサーにもなっていまさらおしっこを漏らしたってとこじゃなく、いまさらエイミーちゃんを聴いた、というところにかかっている。 かっことじ。 私は流行りものに疎いので…

西海岸系のバカっぽさが好き Zebraheadを聴いていた

「Head」とつくバンドは良いバンドが多い。 Radiohead。Talking Heads。Motörhead。 いまパッと思いつくのはこんなもん。 「head」が付随するバンドはインテリが多い。と言いたかったが、モーターヘッドが出てきてしまったのは計算外。なのでこれはなかった…

冷たい雨が降るとKid Aを聴きたくなる

レディオヘッドというバンド名を見聞するたびに、ラジオヘッドじゃないの?と思う。 あぁ発音を的確に表現したいかな?でもならばレイディオヘッドじゃないの?といつも思う。 で、キッドA。 燦然と輝くロックの名盤なんていわれているが、うーんそうかな?…

Cage The Elephantの1stはロックがちゃんとロールしている

いつのまにかロックがロールせずにアート化してしまった。 それはそれですごいことなんですけどね。 大衆文化の芸術化。 しかし、大衆の味方であったロックンロールがその手を離し、一部の感受性ゆたかに形成された人格者たちのあいだで、高尚な趣味、極上の…

大麻とロックと狂気について

お、なんか知らんが大麻の話しで盛り上がってるな。 と思ったら、芸能人が大麻所持で逮捕されたから、ですか。 ほほーん、こいつぁ時事ネタにもってこいだぜってなカンジでいっちょそういった薬物関連についての所感を書いてみますか。それってなんだかブロ…

Green DayのRevolution Radioを聴いた!

グリーンデイというバンドをもう、フラットな気持ちで聴くことはできない。 これがなんとも難しいトコロ。 どんなアルバムでも肯定してしまう。やっぱグリーンデイすげぇ!とか思っちゃう。 以下の内容、見る人がみれば批判的だと感じることもあると思います…

時の流れが速すぎて、ダブやレゲエを聴いている。

「生き馬の目を抜く」というなんとも物騒な表現がある。 僕がここ最近でイチバン使いたい言葉だ。 しかし使うタイミングにどうも二の足を踏んでしまう。 リアルな会話に用いる程、僕は咄嗟の会話に流暢でない。 レゲエには時間を失速させる力がある。 チョー…

【歌詞】英語の「yeah」の和訳は「ヨイショ」にします【決定】

遺伝子というのは呪いだ。 逃れられない呪縛だ。 僕のこの大きな鼻や小さな目は母親のモノとは似ても似つかない。 恐らく離婚した父親側のソレなのだろう。 僕が母から愛されなかったのはきっと遺伝子のせいです。 ニッポン人のロックにグルーブが足りない理…

パズレンチャンティンの御美脚に挟まれて死にたい

嘘。死にたくない。 全人類の願いを代弁するようだけど、死ぬ時は老衰で逝きたい。ボケずに。 いつものような朝を迎えたけど、あれおじいちゃん起きてこないわね。どうしたのかしら?なんつって死んでるパターンが理想。みんなそうだと思う。理想、語ってこ…

シャングリラの一拍にツェッペリンの翳を見た

ヨツウチロックが流行ってますよね。なにを今更って話ですが。 昨今のEDMブームにノってロック界隈でも「兎に角ノれる曲」ってのが台頭している気がしますね。グルーブサイコー!!フォーッ!! 分かりやすくて聴いていてウキウキするし音楽の持つ力を最大限…

アダムランバートはうまいけどクイーンにはなれない

そういえばクイーンが日本武道館公演ですね。アダムランバートと一緒に。 queen-lambert-japantour.com ちなみに周知の事実かと思われますがオリジナルメンバーはブライアンメイ(ギター)とロジャーテイラー(ドラム)しか残ってません。ジョンディーコン(…

The Libertinesという21世紀最大のロックバンド

ロックミュージシャンてのはクソったれであるべき。 そんな願望をこねくりまわし、ヒト型に具現化したような人物。 それが表題になっているバンドのフロントマンのひとり、その名もピート・ドハーティ。 そんな彼と、あともうひとりのフロントマン、カール・…

ブライアンメイとかいう全ての夢を叶えた男

全人類の叶えられる夢.。それは絶対数が決まっている。 今は時期的に甲子園なんてやっているけど、甲子園出場レギュラーなんて出れるヤツのほうが少ない。プロ野球選手になる、て言ったって巨人軍に入れる人は数が限られている。 つまり誰かが何かになったら…

MEWのFrengersを聴いた!

ミューさんかっこよすぎる。 このかっこよさ、一言でいうと。 ポップで美しくて優しくて荘厳で繊細なのに儚くて切なくしかも展開とか結構難しい事とかしててでも変拍子はすげぇナチュラルにハマっててボーカルの人の声は高音の抜けのいい少年みたいなピュア…

MEWの+-を聴いた

MEWというバンドを初めて聴いたのです。 そう遠くない昔、ぼくがTSUTAYAに足しげく通い、シコシコと手持ちの大容量HDDにそのレンタルされた楽曲たちを詰め込んでいた時代。つらつらと店内を歩いているとひとつのポップに目を引かれた。 The Midsummer Statio…

Funkadelic Maggot Brainを聴いた

いまどきのロックキッズはツェッペリンなんて聴くのか? 「ファンクなんて聴かないッスね~今日は重たいギターフレーズが聴きたいんスよ。ツェッペリンきこうぜツェッペリン。今日の気分はⅡだな~」 なんて思っている全国のロックキッズ。 または、 「ロック…

TravisのEverything at Onceを聴いた

Travis Everything at Once トラヴィスはいつまでトラヴィスですね。 シンプルなバンド構成プラスストリングス的な。 飽くまでも歌。主役は歌。 しかしどうしたフラン、玉手箱でもあけたんか。 1. What Will Come Travis - What Will Come 広がりのあるキレ…

第17次WEEZERブームが来てる!俺の中で!

最新作ホワイトアルバムが良すぎた! 「ホワイトアルバム」 これはかつて伝説のファブ4がそれまでのサイケデリック路線を逸脱し自らのバンド名をつけたいわばノータイトルのアルバムの通称。 またそれがかつてないほどの名盤。 ちなみにぼくは学生時代、登…