まだロックが好き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだロックが好き

アラサーです。 ふだんはサラリーマンをしています。 元バンドマンです。 高校から一緒の妻と、2014年に生まれた息子がいます。 趣味でまだバンドをやったりしてます。 まだロックが好きです。 そんな日記です。ブログではありません。 日記です。

KEMURI伊藤ふみおの声とFREEDOMOSH

伊藤ふみおのボーカルは「きしめん」みてぇだな。と思う。ぶっとくて、平たくて、コシや粘りがあるわけではなく、歯切れよい。なめらかで、素材の味が活かされていて、そして「うどん」というカテゴリーに収まりきらなくなるほどの存在感。あと、たぶん嫌い…

終わりなき旅を聴きながら田原の気持ちを考えると泣ける

ちょっと気恥ずかしさのある発言だけども、ミスターチルドレンの「終わりなき旅」という曲が好き。 名曲を恥じるな!と言われそうですが、私、すでに30を越えたおっさん。しかも妻子もち。それが「もっと大きなはずの自分を探す」つって自分探しの旅にでて…

THE BACK HORNを聴いて咽び泣く三十路のあたし

やはりこの歳になり、いろいろな責任が押し寄せてくると誰にも頼れない。上からも下からも「どうするの?」なんて具合に圧迫されてしまう。横に逃げようも同期はもういない。囲い込み運動ですね。それが社会人ですよ。 そんなとき、誰かに「大丈夫だぜ。今夜…

いつから夜明けがこわくなったのか

いつからか朝が来るのがこわくなっていった。 「夜明け」という単語は隠喩で、希望、暗黒期の終わり、絶望からの経過的救済や、なにかが始まる予感、として使用されることが多い。 いわゆる「明けない夜はないぜ」ってポジティブなフレーズなんだろうけど、…

GreenDayのWarningに毒されたこの世界の歩きかた

最近、なんのコマーシャルかわからんのだけど、竹原ピストルの「よー、そこの若いの」という曲が、テレビジョンにHDMI接続したパイオニアの5.1chスピーカーから流れてきていることに気がついた。 さっそくの余談であるが、最近なんのCMだかわからないCM…

欧米に対する鬱屈したコンプレックスを愛して揶揄ったandymori

パンクロックをやろう!と思い立ち既存のパンクロックの型にはまった通称パンクソングをやるのはもうその姿勢がパンクではないので、なんとなく聴くのを避けているバンドってのはたくさんあるのです。グリーンデイっぽいならグリーンデイ聴きます。 そんなな…

アジカンのソルファ再録についての賛否

2016年はおかしな1年だった。 だってハイスタが活動再開CDリリース、宇多田ヒカルもニューアルバム。 そしてなぜかアジアンカンフージェネレーションの「ソルファ」というアルバムがCDショップの店頭に並んでいる。 おかしい。 ソルファって12年…

ドラゴンボールが集まったら志村正彦を生き返らせる

まず、この文章は半ケツで書いていると思って欲しいです。 いま、自分で読み返してみたんですが、ちょっと熱く書いてしまった。 だから私は照れているの。その照れ隠しです。だから半ケツで書いてます。 照れを隠してケツ隠さず。これはラブレターです。 志…

平成に魔女狩りがあったら吉井和哉は狩られている

潮干狩り。紅葉狩り。オヤジ狩り。エアマックス狩り。 いろんな狩りがありますが、そのパイオニアは魔女狩りだとおもいます。 よく知らんのですけど中世の西欧では魔女狩りなる行事が執り行われていたようです。 魔女と通称しておりますが、実はこれ男性も狩…

ベスト盤やシングル総集編の存在意義がわかった くるりのシングルス

普段から聴いている音楽、知っている音楽がラジオで流れると普段より、いい感じに聴こえる。この気持ちがわかる人いるだろうか。 どうやらこの現象も、人間の感情を司る脳ミソがお役目をはたしているようだ。 ランダムに発生する事象に対し、それが己の知識…

「目覚まし」という言葉をファルセットで歌う男 syrup16g 五十嵐隆という不安定

歌詞において単語の組み合わせというのが定型化している。 例をだそう。 とりあえずナニカが笑っていればいい。 まず笑うという歌詞だけど、なんかこう、ポピュラーミュージックであれば「君が笑う」。これが多い。 「君が笑っている」ことが多い。ほんとハ…

雪が降っていたのでくるりのTHE WORLD IS MINEを聴いていたら水筒が降ってきた

個人的に冬に聴きたいアルバム、というのがある。 その中のひとつが、表題のヤツ。 くるり、というバンドのTHE WORLD IS MINEだ。 これはいずれ書こうと思っていたのだが、くるりというバンドで日本の四季に聴きたい音楽はまわってしまう。 例えば、「さよな…

どこへも帰らない 焼酎や日本酒にThe ピーズという文学

日本の音楽は希望に溢れている。 素晴らしい。 生きる希望だ! あきらめちゃぁいけないんだ! 負けてもいいから生きるんだ! その過程がキミのチカラになるんだ! そして明日もがんばろう!愛するひとに捧げよう!! そんななかシニタイヤツハシネとおっしゃ…

小谷美紗子の「うたき」はブルースと言って良いでしょう

曲が歌になるまでの過程には重要なファクターがあります。 そのファクターって歌詞のことなんですけどね。 歌詞をみなさんどれくらい意識してるのでしょうか。 僕は正直、歌詞にあまり意味を見出さないようにしているのです。 でも歌詞はとっても重要だ、と…

なぜ中尾憲太郎のベースはこんなにカッコいいのか

ベースはカッコいい。 こんな台詞からベースを手に取る若年層のバンドが増えている。 楽器をやるならギターから、という概念は一昔まえのモノになった。 僕も実はそのクチで、今ではギターを爪弾きへたっぴな歌なんぞ歌っているが、楽器はベースから入った。…

時の流れが速すぎて、ダブやレゲエを聴いている。

「生き馬の目を抜く」というなんとも物騒な表現がある。 僕がここ最近でイチバン使いたい言葉だ。 しかし使うタイミングにどうも二の足を踏んでしまう。 リアルな会話に用いる程、僕は咄嗟の会話に流暢でない。 レゲエには時間を失速させる力がある。 チョー…

バンプのユグドラシルを聴いてベースについて話したいことがある

僕はBUMP OF CHICKENが大好きだ。 いや、大好きだったのほうが正しいかもしれない。 しばらく距離をとった時期もあったが今ではいい関係を築けている。 しかし最新アルバムにはまだ手が伸びていない。 なんにせよ出会いは「天体観測」などという駄曲ではなく…

ロックンロールハートイズネバーダイ

もうすぐ10月になろうとしている。 なのに今日は暑い1日だった。 でも帰り道は涼しい。 金木犀が薫っている。 あと3ヶ月しか今年は無いのかー。 今年もたくさん死んでしまった。 デビッドボウイの衝撃の死。時代を作ったヒーローだった。ジギースターダスト…

「スピッツです」の反応で大体分かる

マキシマムザホルモンの知名度にびっくりしている。 音楽は無縁だろうなーと思う人に「いまはホルモンのコピバンやってます」 なんて言った時、 知らないだろうなぁ…と心の中で思ったのですが、 「結構、激しいのやってんだねwww」なんて言われたことがある…

シャングリラの一拍にツェッペリンの翳を見た

ヨツウチロックが流行ってますよね。なにを今更って話ですが。 昨今のEDMブームにノってロック界隈でも「兎に角ノれる曲」ってのが台頭している気がしますね。グルーブサイコー!!フォーッ!! 分かりやすくて聴いていてウキウキするし音楽の持つ力を最大限…

THE BACK HORNは退廃的な光を叫ぶ イキルサイノウ

まず始めにこのアルバムが必要な人を限定したいと思う。 THE BACK HORNというバンドの特性上、誰にとってもオーケーだという音楽を奏でているわけではないからだ。 とにかく日常がつまらなく感じている人間。やり場のない怒り、悲しみ、そして愛を燻らせてい…

エレファントカシマシのライフを聴かなきゃ!

季節感のあるアルバムってあるじゃないですか。 ぼくにとってこのエレカシのライフは夏になったら絶対に聴かなきゃならないアルバムのひとつなんですね。 まあ勝手に聴いてろと、お思いでしょうが。 ライフ アーティスト: エレファントカシマシ,宮本浩次,小…

台風直撃なのでフジファブリックのTAIFUを聴く!

時事的なことを書いちゃう。 しばらくブログをスポーツ放置していたのでリハビリ的に書いちゃう。 (このスポーツ放置という意味はオリンピックを見ていたから、スポーツを見ていたから、それにかまけてブログを放置していた、とかいう意味ではなく単純に忙…

椎名林檎という衝撃 無罪モラトリアム

無罪モラトリアム 「ここでキスして」のギターパートを演奏させていただく機会があり、久しぶりに聴いた。 コイツはヤバい。 日本の音楽を変えたアルバムといっても過言ではない。 無罪モラトリアム アーティスト: 椎名林檎,川村“キリスト"智康係長,森“グリ…