まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

思惑

おみやげ制度は廃止しませんか

めんべいだな、と思っていたら、やっぱりめんべいだった。 頃日。弊社の人間がやたらとめんべいを買ってくる。出稼ぎ、見物、諜報など、事情はさまざまだが、福岡方面に出立している。その土産である。けっしてめんべいに怨恨はないのだが、こうもめんべいば…

電車の運賃は体重によって決めたらどうか

伊集院光というラジオの人が、「運賃を二人分払うから座席をふたつ使いたい」みたいなことを言っていた。彼は体躯が巨く、またそれによって他者に迷惑をかけることに、うしろ暗い思いを抱いているという。でもいま、彼、けっこう痩せたらしいですね。 そう思…

ユーラシア大陸最強の男ジャッキー・チェン

頃日。アマゾンプライムビデオに酔拳2があったので観賞した。電光石火。2017年の液晶画面をもってしても彼の動作を目で追うことができなかった。やっぱりジャッキーはすげぇな、と思った。 中学生の時分。ひたすらジャッキーチェンの映画を観ていた。近…

テントウムシ。あれぜったいにロボだろ。

テントウムシという昆虫がいる。ノーマルカラーをセレクトすれば赤地に黒の斑点模様。2Pカラーは黄色地。私はつい先日、テントウムシと邂逅を果たしたのだが、その振る舞いに一種の戦慄を覚えた。テントウムシはロボかもしれない! と思ったのである。 公…

秋の花粉症「ブタクサ」という人生最大の悲劇

どうしてですか!? と語気を荒く陳情訴訟したくなる。秋の花粉についてである。 なぜならば秋。私の人体は花粉症に犯される。中空を乱無する花粉にたいし、排斥運動がなされるのか、目のかゆみ、鼻づまり、喉のいたみ、全身の倦怠感。その複合状態をカルマ…

地域の自治会は、小学生家族と老人だけでやってほしい

あみだくじ。さいごの選択肢。不可視の開票。そんな奸智姦計により自治会の班長に選抜された。よって過日日曜。自治会の運動会に行った。陽炎の踊る街道。蒼穹に流れる積雲。まだ夏が降っていた。端的に感想を申し上げる。最低の運動会だった。 とにかく暑い…

母子家庭と喘息が教えてくれたこと

シングルマザーという家庭で育った。貧困家庭だった。喘息ももっていた。主よ、いったいどうして私にこれ以上の苦しみを与えたまうの。と、思ったが、それでもぼくはげんきです。 母親はあまり勉強してこなかった人だった。頭の好い人だとは思う。しかし県内…

アマチュアバンドが集客動員を増やすたった一つの真理

アマチュアバンドマンはもっとも憐れないきものらしい。その通りだと思う。バンドで活計する!と眦を決した若人をたばかる大人たちがいる。その魔の手により、搾取され、侵奪され、瞞着され、それでもいつかは!と一縷の望みを抱いている。超憐憫。 私もアマ…

「良い親」は子どもによってではなく世間によって作られる説

過日。家路に向かう電車。すこし混み合っていた。そこへ、ベビーカーを利用した親子が乗車してきた。子どもはおそらく生後2年に満たない、まだ稚い嬰児だった。私はふくざつな思いを胸裡にいだいた。 「こんな混み合う時間にベビーカーを利用するなんて、の…

ウォーキングデッドを見始めた。家族がゾンビになったらどうしようと思った。

その高名は夙にうかがっておりました。しかしあまりの高名ぶりに俗臭が濃厚だったので回避していたのです。アナクロニズム。そんなウォーキングデッドという舶来の映像作品を観賞した。超おもしろ映像だった。 まだシーズン1も途次である。妻と観ている。息…

私がいつもダイエットに失敗する根本的な3つの理由

私だって女にもてたい。妙齢な女と巫山の夢を見たい。だからロックバンドなんかにうつつを抜かし、適齢での就業に合間見えず、こうして口に糊する生活を送っているのだが、いまでも思う。女にもてたい。 ではどうすれば女にもてるのか。私は性格と、経済力と…

JR高崎線の遅延で学んだ、いい感じに過失をごまかす方法

2017年8月23日。水曜日。お天気は晴れ。 今朝方。そこそこ好いうんこが出た。82点。87点。うれしかった。それに息子も好い具合に保育園に行ってくれた。重畳だ。 私は「埼玉の聖都」と言われている上尾市に住んでいる。ちなみに「埼玉の聖都」と…

人の目を見て話せない私の応急処置的対策術

人の目を見て話しなさい。と言われます。でもできないのです。みんなが出来ることが出来ないのです。だからそういう人を揶揄できません。たとえローソンの電子マネー読み取り機能が遅くても「セブンもファミマも早いのに!」なんて叱咤することはできないの…

もし野球応援がぜんぶ流行曲になってしまったら、私はさびしい

テレビを見ていると「雨トーク」という番組で高校野球が好きだ!という内容が放送されていた。たしかすこし前の日曜日だと思う。 画面の中。地球の最果てで青春が爆発していた。観賞していて楽しかった。途中で入浴したけど。その番組内で1コーナーとしてや…

せめて人並みの幸せを

悲しいことがあった。てか、こんな人生で悔しい。自分だけならまだそれでいい。だけど私は所帯をもっている。世帯主だ。こんな私と生活をともにすると、家族も不幸に見舞われる。俺は生まれてきてはいけなかったのかもしれない。そんなことを思ったのは先日…

BEST THE BACK HORNⅡの収録曲は人気投票で10曲がきまるらしい

「社会学的ラブソング・改」という御ブログ様で、バックホーンがまたベストを出す、という情報を得た。 「BEST THE BACK HORN II」で投票した曲(暫定) - 社会学的ラブソング・改 勝手に言及するのも気をあぐねるのだけれど、言及しないのもなんだか失礼な…

夏休み夏休みうるさいんじゃ!ぼけなす!!

死ぬほど喉が渇いているとき、ってたぶん死ぬんだろうけど、死にそうなほど喉が渇いているとき。一滴の水分でさえ渇仰しているとき。そんな時に「水サイコー!生命の起源!ウェーイ!!」とか「うぷっ…水飲みすぎてつらい…お腹ちゃぷちゃぷ…もういらない」な…

嵐の松本潤氏をMJと呼ぶ風潮

公共の電波を受信してテレビを拝見することがある。こんな私でも文化的な最低限の生活として、それだけは許して欲しい。 あるときテレビ画面に目をそそぐと、民放の放送局に「嵐」と呼ばれる男性の小隊が出演していた。その構成員、二宮氏がときおり口走る単…

専門家の言う「邪道」こそ邪道だとおもうよ。俺はね。

愚痴ですけど、ちょっと聞いて下さいよ。なんつって誰もなんもいってくれなかったらさびしい。愛してくれ、俺を。 紅茶はアールグレイというやつが好き。ほのかに柑橘系のさわやかな香気がついていておいしい。これをシュガーかなんかで甘くして口に含むと幸…

ステゴサウルス

今週のお題「ちょっとコワい話」 個人的に畏怖しているものに「断ち切れぬ連鎖」というものがある。 たとえば、巷でなにかと話題の「貧困の連鎖」というものである。貧乏びとは未来永劫、末代まで貧乏びととして、その血統を生きねばならない、というものが…

BOSS BD-2ブルースドライバーは私の信頼できるともだち

私はいま、日記のアイコンとツイッターのアイコンに、ブルースドライバーというエフェクターの写真を使用している。好きだから。これは恋とか愛とか肉欲とか、そういう懸想じゃなく、信頼だと思う。 エフェクターというのは、主眼としてギターなどの音色を変…

ポテチの袋が開かなくて

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。文豪夏目漱石は言った。言ったというか書いた。まったくそのとおりだ。私は今回、とくに「意地を通せば窮屈だ」のところに深い感銘を受けた。とんでもない意地っ…

はてなスターって俺は好き

先日。 尊敬する「かなり」というブログでブログ大喜利が開催された。私も熟慮勘考。脳漿をしぼってだした答えをハガキに書いて切手を貼ってポストに投函した。そしたらなんと2位に選んでいただいた。生きていればいいこともあるな、と思った。 www.kana-ri…

「あえて逆のほうが通っぽい」という少数派気取りの大衆性

過日。日曜。昼上がり。 ワイドナショーという番組がやっていた。 私はその内容に驚愕した。 驚愕のあまり、翌日仕事に行きたくなくなるほどだった。 その内容とは、 「日本の人口の7割は、かためのプリンが好き」 というものだった。 これにより判明したの…

まどと林檎

まどと林檎の対立がある、そんな話を耳にした。 私はなんて愚かしいんだ、とおもった。 これらの二つは比べるようなものではない、とおもうからだ。 まども好きだし、林檎も好き。 そんな私の見解を陳述したいとおもう。 まず、まどである。 まどは、その膾…

武器に「ヌンチャク」を選ぶ人の気持ちを知りたい

人は獣 牙も毒も棘もなく ただ痛むための涙だけをもって生まれた 裸すぎる獣たちだ と中島みゆきという一柱の神は歌う。 だから人は武器を手にするのだと思う。 現代社会。 就職面接の際、「あなたの武器はなんですか?」なんて詰問される。 だから己の武器…

もう誰もLinkin Parkにはなれない

saosinというアメリカのバンドが好き。それで最新作を聴いた。 最新作といっても去年のものだけど。それ、ボーカルが代わっていた。 アロング・ザ・シャドウ アーティスト: セイオシン 出版社/メーカー: SMJ 発売日: 2016/05/25 メディア: CD この商品を含む…

年齢を言い訳にするな、俺。

すばらしい!おみごと!粋だね! って思うのは、今年も懈怠することなく誕生日を迎えるからであって、なんと連続して31回目なんだよ。すごくない?毎年ちゃんと歳とってる。えらくない? 歳をとったらできないことがある。 いまからじゃ医者になんてなれな…

クワガタは食えるのか、食えないのか問題

瞋恚の波動が駆け巡った。土曜のことである。 夏祭りに行った。息子の所属する認定こども園のものである。 やぐらから放射状にぶらさがった提灯。蝉の音。 汗ばむ体にまとわりつく塵埃。サンダル履き。汚れた足。 夕刻。18時。まだ空は青かった。 息子は神…

私的偉大なニッポンのギタリストとその盤9選

過日。リットーミュージックが印刷しているギター専門月刊誌「ギターマガジン」を百年ぶりに購入した。 そのメインコンテンツが「ニッポンの偉大なギタリスト100」というものであったからだ。1位はもちろんchar氏であった。納得のいく、というか、まぁそ…