まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

思惑

ライブハウスの衰退

新宿JAMという老舗ライブハウスが閉店するようだ。ビルの解体らしい。 私もこのライブハウスには思い入れがあって、出演したこともあるし、なんどかイベントも見に行ったことがある。 新宿JAMが12月で閉店、37年の歴史に幕 (音楽ナタリー) - Yahoo!ニュ…

人生を変えるために

私はこのままではいけないと思う。 身に降りかかる因果を、すべて確証の取れない幼少時代や育った家庭環境のせいにし、己が懈怠に通底するものである、落伍した人生の根幹である、などと主張する、なんとも哀れで愚かしく、そのうえ高邁な、蛇蝎のごときこの…

マンションか戸建てかどっちがいいのか私が出したアンサー

まるで男気というものがなくて慙愧に耐えない。 というのはやはり住居購入の際、半年間も因循していたからである。 なんども住宅の売人に「決める人はすぐ決めちゃいますよ」と、男としての了見を問答されたが、煮え切らない私は右顧左眄し、決めあぐねてい…

映画カーズを2歳児といっしょに観た感想

過日。2歳の息子とカーズという音声付活動写真を観賞した。 とてもおもしろかった。 そんな感想を申し上げようと日記を書いている。 // 出会うべき「成長」の物語 話自体はありきたりなものであった。典型的なストーリーである。 だが、それは人が成長の過…

グリーンダカラは昔のほうが美味い

ストレスがたまっているのは言いたいことが言えぬからだろう。 その身体的特徴をとって「このはげーー!」などとぶちまけることができないのは、やはり私が阿諛者であり、だれかれにおもねって生きているからなんだと思う。 だけど言う。ここでは書く。ここ…

アトピー→気管支ぜんそく→円錐角膜というトリプルコンボ

普段はハードコンタクトレンズを装備している。 身につけているもののなかで結婚指輪の次に高額な特注品である。 できれば眼鏡にしたいのだが左目がそれを赦さない。 円錐角膜という奇病を有している。 円錐角膜とは 詳しくは私が語るよりもウィキペディアな…

私たち人間は試されている

我々はテストされている。 知らぬ存ぜぬうちに試されている。 人に。大自然に。時代に。世界に。 我々は試されている。 それは言葉で光りを当てぬとも、闇のなかで蠢いている。 そんな日常の闇に潜むテストを、私は一握の勇気を持って、ここに記載する。 マ…

キーマカレーのキーマの部分

カレーという料理がある。 端的に言えば野菜のスパイス煮込みなのだけれど、その固定冠詞にチキンやポーク、ビーフなどがある。これは要するに中に入れる畜肉に主眼を置き、カレー自体を修飾するという行為なのだけれど、キーマカレーと聞いて愕然とした。 …

共働きの家事はルールを決めないほうが良いと思っている

忸怩たる思いであるが、私の家庭は妻にも働いていただいている。 私だけの収入では家計をやりくり、露命をつなぐことができないからである。 つまり共働きなのだけれど、世の中にはそんな共働きの家庭が増加しているようだ。 ゆえにどこの保育園も園児の足が…

ロドリゲスの語尾が「〜でゲス」だったらどうしよう、と心配です

ラテンの匂いが強い名前だなぁと思う。ロドリゲス。 好きな飲み物はテキーラとマテ茶。 食事のサイクルはタコス、テキーラ、シュラスコ、マテ茶、ときどきサボテン。 そんなロドリゲスの語尾が「〜でゲス」だったらどうしよう…と心配になってしまう。 とくに…

南北の差異

南北問題というのが地球規模でおこっている。 それはもちろん先進国発展途上国うんぬんかんぬんがありーの、お隣の大陸の端っこの国政にもありーの、かつてアメリカ合衆国でもありーので、北と南はなぜだかいつも反目しあっているのである。 それはなぜだろ…

シングルマザーの交際、再婚について

私がはじめて死にたいと情念したのは小学6年の時である。 もっとずばり正確に厳密に申しあげれば、死んだほうがいいのかもしれない、という情念であった。 べつだんイジメやら、交友関係やら、明日の行く末に悩んでいたわけではない。 ではなぜ己の生命欲を…

どうしてオカマはおもしろいのか

マツコデラックスという人が好き。テレビに出ているとつい見てしまう。 歯に衣着せぬ物言い、というよりは事象の顕揚化がとても巧みだと思う。それは生理学として男性の脳漿を持ちながら、感性や感覚が女性的だからなんだと思っている。 M2 デラックスなマス…

分煙があるのなら分エナジードリンクもあってしかるべきでは

たばこの紫煙を忌みきらい、分煙という戒厳令が布かれている。 その人は喫煙者だと判明されると、秘密警察に強制連行され、世俗から隔離されたゲットーへうながされる。そこで喫煙者はちいさな幸せを得てくらしている。 それが分煙である。 どうして分煙が必…

エレキギタリストしか読めないかんじ

ディストーションの「歪み」を歪みと読んでいる方がいた。 ちなみにディストーションとはエレキギターの音色のことである。 ギャーンってな轟音のこと。 ちなみに音色も音色ではなく音色と読む。 たしかに初心者にはわかりづらいと思う。人は間違えて学問し…

ドキュメンタルを見た感想。どうしておもしろい、つまらないと賛否が分かれるのか。

中空に「ぼけ」が漂流していた。 しかしだれも「つっこみ」をしない。 なぜなら、面白くなってしまうからである。 お笑いとは打ち上げ花火のようなものであるなぁと思う。 丹精込めて作成した「ぼけ」に「つっこみ」で火をつける。 炸裂するのは人心の抑えき…

映画エクスマキナを観て、人工知能が仕事を奪う懸念はなくなったと感想を擁した

エクスマキナという舶来の映画を観た。感想を書きたいのだが、私はあまりこういった「SF映画」、表意文字にすると「科学的虚構映画」なるものには明るくない。 だが、そんな私が見てもおもしろかった。たぶんいろんな考察やらを書いている方がいるだろうな…

低糖質パンという悪魔のおやつ

世界とは蠱惑的である。やめてくれ。おれを惑わせるな。酒、たばこ、ギャンブル、セックス、ドラッグ、そしてロックンロール。これらは修験者として白装束を身にまとい、滝にうたれ、経を読み、いっさいの色欲を断絶した私の戒律を倒壊させる。その最たる天…

ツイッターの「いまどうしてる?」に答えてしまう

じつはツイッターなんかもやっている。なぜかと言われれば、それはやっぱりブログのプロモーション活動、とか思ってたけどツイッターってやっぱ面白いっすわ。手軽で気軽で上がる。 身の程を知らぬ行為であるかもしれない。しかしたまにツイッターに人生のチ…

人生スイッチという映画を見た感想

喜怒哀楽という摩訶不思議がある。 それがひとの精神世界を支配している。しかしこの四つのくくりはいささか大雑把すぎるのでは、と所感をいだく。神は意外と杜撰である。 しかし、そのなかでも「怒」というのは異質ではなかろうか。なぜならば怒りは他のど…

髪型自由のバイトが過酷だった

かつて人と森がひとつだったころ私はバンドマンだった。ロックに幻影をいだいていた。ゆえに長髪だった。なぜ長髪かというと理由がある。それは演奏中に毛髪で顔面を隠蔽したかったからある。それがバンプオブチキン爾来のトレンドだったからである。バンプ…

どうして自分ばかり不幸なのだろう

自分ばかりに不幸が降り注ぐ。なぜいつも私だけ?そう思う。つらくなる。かなしいではなくつらい。そして死にたくなる。本日もそうだった。なぜ私の塩鮭ばかり骨だらけなのか。 今朝めしどき。メインにこさえたのは塩鮭である。ひとつ100円の塩鮭である。冷…

人気のおすすめ日傘、厳選した4つとその使用方法について!

日差しが強くなってきましたね!太陽はさんさんと輝きを奔らせています!降りそそぐ光脈は心底まで照らし、すがすがしい気持ちにさせてくれますね! しかしいっぽうで、その光に含有される紫外線はお肌の天敵です!しみやそばかすの起点となりますので、しっ…

チョコモナカジャンボよりバニラモナカジャンボのほうがうまい

極論は避けるべきである。それを見て傷つき、怒る御仁方がおられることが想像できるからである。 しかし、そうして当たり障りなく生きていくのは気がひける。なぜなら俺は男だからだ。言いたいことは言う。それで誰を傷つけようと知ったこっちゃない。体裁ば…

車の自動ブレーキシステムをスマホに導入したら歩きスマホ事故が改善されるのでは

猖獗を極める歩きスマホである。歩きスマホの跳梁跋扈である。 私は都内を闊歩することが多い。しかし練り歩く人だかりのなか、気に病むことがある。けっこうストレスである。それはなにかといわれれば、やはり歩きスマホなのである。 本日もである。都内某…

テストで0点ばかりでも部活動で活躍すると成績が良くなる

無慈悲にも14,222円という金額が銀行口座から毎月引き落とされる。しかし身に覚えのない痛みである。新手の税金か?と小首をかしげてみる。引き落としはニホンガクセイシエンキコウと名乗るもの。なんだこの悪の組織は!と思ったが漢字にすれば日本学…

みんな静岡おでんにだまされてないか

テレビで芸能人が静岡おでんとかいう食い物を口に運んでいた。私はなんだか、アフリカに行って土着民族に薦められるがままタロイモを練り固めたやつを口に入れられる世界うるるん滞在記のような錯覚をおこした。だってあれってそんなうまいもんじゃない。 私…

おっさんのくしゃみは何故でかいのか

車内でなにかが爆ぜた。炸裂した。テロか?と私は訝った。それほどの轟音が響いたのである。場所は高崎線直通上野東京ライン車内。しかし車内は妙に落ち着きをはらっていた。世界はなにごともなく回っていたのである。 それは咆哮であった。男の咆哮であった…

母子家庭で育った男性の性格形成について

「貴殿以上に人格の闇黒めいた人間をお目にかかったことがない」 というのは妻から私への最大の賛辞である。 くだけた表現を使用するならば「おまえ、めっちゃ性根わるいわ」ということである。であるがしかし仕方ないと思っていただきたい。 なぜなら私は母…

パクチーブームの次にくるのは三つ葉ブーム

カルビーからパクチー風味のポテトチップスが発売されている。期間限定のようである。 ここでひとつ苦言を呈したいことがある。 それはもともとこのパクチー風味のポテトチップスはカルディという南蛮渡来の食料品店で販売されていたことである。ここがやや…

三井のリパークの「リパーク」についての誤解

私の通勤路に三井のリパークという駐車場がある。コインパーキングである。 パークの意味は知っている。車のギアにも「P」というものがあり、その正体はなにを隠そうParkの頭文字Pであって、つまり駐車するという意味である。 それはいつのまにか名詞化し…

ひとりで飯は食えるけど、ひとりだと写真が撮れない自分に消沈する

こうして日記なんてものを綴っていると、書きやすいことというのは「食ったもの」であったりする。 どこのなにがうまかったとか、ここいらにはこういったご当地グルメがある、とかそれらはたいへん公益性が高い。よって読んでくださる方にも有益な情報として…

いつかかっぱ寿司のカッパに復讐されるのではないか

柳田國男が「妖怪とは神の零落した成れの果て」と言っていた。 例えばカッパである。國男いわくカッパはex.水神さまである。ようするに水神さまが人々からの信仰の対象としてはずれ、奉られた社が雨風浸食、風化荒廃、のちに用済破壊され、帰る場所を失いホ…

ら抜き言葉の静岡人

「ごはん食べれる?」なんて妻が言うもんだから、「おまん、それラヌキ言葉だで」つったら、妻はきまりの悪そうな顔をして、「でもさ、それはもう定着してるからラヌキ言葉じゃないよね!」なんておっしゃっていました。 自分に甘い人だな、と思います。なぜ…

牛丼屋でみつけた少子高齢化対策への糸口

私はさもしい人間です。牛丼屋でうなぎを食う御尊老を拝見して「あ、おれの年金が消えていく」と思ってしまったのです。卑しい人間です。 自己怠惰による貧困の、それに対するうっぷんを誰かに向けたいのかもしれません。私の前には牛丼の並盛りです。牛丼は…

新入社員に贈呈したい「やばい」の代わりになる言葉

おめでとう、なんて言うほど私の性格は下卑ていない。とりあえずこれから調和をよろしくしたい、と願うばかりである。 というのも、弊社にも新入社員なる若輩が入社したからである。 現在研修まっ最中のご様子である。そこで私もふと思い出したことがあり記…

「ご苦労様です」と言ってはいけない

先日、会社で息を吸ったり吐いたりしながら遊んでいると、他部署の若輩から「ご苦労様です」との発言を浴びた。 私はどういうこと!?という驚愕の念を抑制しながら「あ、おつかれさまです…」と返礼をいたした。 いいんすよ。べつに。私はどっちでもいいんで…

社会問題とスリッポンの流行

解せないことが多々あり憤慨の極致である。どうなっているんだこの世の中は。森友問題はなんなんだ、誰が虚言を呈しているのか。姫路こども園、私が保護者であれば園長に拳骨を贈呈している。てるみくらぶ、なめているのか。ほんとしょうもない。って、それ…

電車内、体調不良の人多すぎ問題

3回である。半年間で3回。これが多いのか少ないのかはわからない。 そりゃあものごとにはそれぞれの尺度があるわけで、たとえば半年でフォアグラのグリルを赤ワインソースで堪能した回数が3回というのは庶民的感覚からして多いほうである。対して、この半…

ノーリツ給湯器、しゃべる言葉に気をつけろ

俺はなんて心のせまい人間なんだ。人様からみたら瑣末ごとなのに、なんでそんなことうじうじと気にするんだ。だめだ。だめな人間なんだ。俺は。もういっそ俺なんて消えたほうがいいんじゃねぇか。なんて思うことがたまにある。 我が家にはノーリツという会社…

音楽はことばよりもプリミティブ

ナーダブラフマーてのはインド語で「世界は音」って意味なんですね。「この世界、宇宙を形成しているものは音だ。」ってわけわからん発想なんですよ。しかし、それがヒンドゥー教では知れわたっている観念なんだけれども、なんとも傲慢なご意見ではないか。…

1ヶ月断酒してわかったこと。と、これからのこと

じつは、って言うほどのものでもないのだけれど、2017年、つまり今年に入ってあまり酒を飲まなくなった。2017年1月3日から2月の半ばくらいまでは、すっぱり酒を断った。 なぜか、といえばたいした理由もないのだけれど、みなに「やばいよ」「肝臓…

春だからってなんでも「さくら味」にすんのやめてほしい

春がスタバから落ちてきた。 画像引用元:http://www.starbucks.co.jp ※終了している商品です。2017/3/15現在 スターバックスコーヒーにて、「さくらブロッサムクリームラテ」と「さくらブロッサムクリームフラペチーノ」販売されていた。冒頭文はなんとなく…

おもいでケータイというお題が泣けてしかたない

私はふだん、このはてなブログというブログサービスで日記を書いている。すると「今週のお題目」なんつって、こいつでいっちょ日記をかいてみないかい?と、かかる具合にテーマを提案される。今回はauとの合同企画で「おもいでのケータイ」というもの。 そい…

ホワイトデーは和訳すると「白日」

「白日の下に晒す」なんて表現がある。隠蔽されたものごとを明るみにする。といったような意で。なのにあえてこの3月14日の儀礼が「ホワイトデー」っちゅー名前に成り果てたことに、私はとても感銘を受けている。ひとしおに。 白日はすべての思惑をさらす…

ハードコンタクトを10年使用している私の愚痴

「コンタクト、ハードにしようと思っているんだよね。目にいいらしいしさ」 という思いつきの発言に、私は、憤りを感じた。あほたれ。ハードをなめるな。 なにを血迷ってハードコンタクトなんかにしようとしているのか。勘か。こんなもん良いところなんてい…

カフェ恐怖症

カフェが落ち着かない。 いくつになっても定職につかずぷらぷらぷらぷら。まわりの友人知人はみんな結婚し、こどもも出来て、土地を購入、家屋の建築にまで至っているってのに、きまった収入も無く、その日暮らしの風来坊「カフェ」という意味でなく、カフェ…

歌が上手くなりたければ腹筋よりもカラオケで録音しろ説

人間の耳には内耳と外耳という部位がある。 内耳というのは読んで字のごとく耳の内側にある部位。外耳というのはこの世界の空気振動をキャッチするために外側に付属している部位。中耳ってものあるけど無視します。めんどいので。 自分の声を録音したものを…

【Nintendo】お前らゲームしてる時間なんてあるのかよ【Switch】

三十路の社会人男性が子育て奮闘記を記載するブログである、この日記。2歳男性職業遊び人を有する我が家はまいにちがハッピーであるが、しかしむちゃくちゃ大変である。 そんななか世の中は浮かれている。阿呆のように踊り狂っている。何故ならば、かかる平…

探究心について

私は音楽にかんしては登山家タイプだ。なにを言っているのか。探究心の話である。ワンダーフォーゲルの話ではない。思ったので書き留めたい。 日曜日。ふと、さいきんの音楽を聴いてみよう、と思い立ち、アップルミュージックをスクロールしていた。「新着ミ…