まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

日記

保育園であいさつしてこない人

保育園に息子を送っている。毎朝。だいたい同じ時間に登園している。すると。運命的に、というか必然的。というか星のめぐり合わせ的に、顔を合わせる保護者は同じになる。 私はもちろん「おはようございます」と人びとに言う。たとえ子どもの年齢が違っても…

息子が私のことを名前で呼ぶのですが、どうすればいいと思います?

タイトルがヤフー知恵袋みたいになってしまった。 2歳10ヶ月。男性。 私には一親等の血縁家族がいる。 そんな彼が頃日、私のことを「ゆう」と呼ぶ。ちなみに私は彼の父親であり、本然として「パパ」や「おとうさん」と呼ばれるべきではないかな、と思って…

もし野球応援がぜんぶ流行曲になってしまったら、私はさびしい

テレビを見ていると「雨トーク」という番組で高校野球が好きだ!という内容が放送されていた。たしかすこし前の日曜日だと思う。 画面の中。地球の最果てで青春が爆発していた。観賞していて楽しかった。途中で入浴したけど。その番組内で1コーナーとしてや…

せめて人並みの幸せを

悲しいことがあった。てか、こんな人生で悔しい。自分だけならまだそれでいい。だけど私は所帯をもっている。世帯主だ。こんな私と生活をともにすると、家族も不幸に見舞われる。俺は生まれてきてはいけなかったのかもしれない。そんなことを思ったのは先日…

BEST THE BACK HORNⅡの収録曲は人気投票で10曲がきまるらしい

「社会学的ラブソング・改」という御ブログ様で、バックホーンがまたベストを出す、という情報を得た。 「BEST THE BACK HORN II」で投票した曲(暫定) - 社会学的ラブソング・改 勝手に言及するのも気をあぐねるのだけれど、言及しないのもなんだか失礼な…

Catfish and the Bottlemenが良かった。俺はさいきんThe Amazonsが良いと思ったよ。

カービィがアイコンの「黴ブログ」という御ブログ様に以下のような投稿がされていた。勝手に言及してしまってすみません。 今更だけど、ガレージロックリバイバルが俺の中でキテる - 黴ブログ 私もガレージロックと呼ばれるジャンルが好きでよく聴く。ってゆ…

夏休み夏休みうるさいんじゃ!ぼけなす!!

死ぬほど喉が渇いているとき、ってたぶん死ぬんだろうけど、死にそうなほど喉が渇いているとき。一滴の水分でさえ渇仰しているとき。そんな時に「水サイコー!生命の起源!ウェーイ!!」とか「うぷっ…水飲みすぎてつらい…お腹ちゃぷちゃぷ…もういらない」な…

専門家の言う「邪道」こそ邪道だとおもうよ。俺はね。

愚痴ですけど、ちょっと聞いて下さいよ。なんつって誰もなんもいってくれなかったらさびしい。愛してくれ、俺を。 紅茶はアールグレイというやつが好き。ほのかに柑橘系のさわやかな香気がついていておいしい。これをシュガーかなんかで甘くして口に含むと幸…

ステゴサウルス

今週のお題「ちょっとコワい話」 個人的に畏怖しているものに「断ち切れぬ連鎖」というものがある。 たとえば、巷でなにかと話題の「貧困の連鎖」というものである。貧乏びとは未来永劫、末代まで貧乏びととして、その血統を生きねばならない、というものが…

Bluetoothの折りたたみ式キーボードを買ったからブログ活動が活発になったりするかもしれない、と予見できるのは調子に乗ってこんなに長いタイトルをつけていることから察して欲しい

生きていると弱音を吐きたくなることもある。つらい人生だ、と嘆きたくなることもある。私の現状もまさに今ナウ、それである。 iPhoneで日記を書いている。フリック入力である。これがとても疲れる。右腕が峻烈に痛い。おれはもうダメだ…。と思っていたら天…

ゴイステが、銀杏BOYZが、峯田和伸が好きだった。

先日。銀杏BOYZが新曲を出した。エンジェルベイビーという曲だった。聴いた。良い曲だな、と思った。峯田らしいメロディだな、と思った。いまや彼も朝ドラ俳優のようだ。見たことないけど。 そんな峯田和伸は、青春パンクという奇矯なフレーズが流行ったあの…

ポテチの袋が開かなくて

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。文豪夏目漱石は言った。言ったというか書いた。まったくそのとおりだ。私は今回、とくに「意地を通せば窮屈だ」のところに深い感銘を受けた。とんでもない意地っ…

はてなスターって俺は好き

先日。 尊敬する「かなり」というブログでブログ大喜利が開催された。私も熟慮勘考。脳漿をしぼってだした答えをハガキに書いて切手を貼ってポストに投函した。そしたらなんと2位に選んでいただいた。生きていればいいこともあるな、と思った。 www.kana-ri…

TPOによる好きなアイスの選択

船が難破しました。あなたは救命ボートに乗っています。眼前には溺れる2人の人間がいます。奥さんと、息子さんです。宗教上の理由で、ボートにはあと一人しか乗れません。 どちらを助けますか? 非情な選択を迫られている質問だな、と思う。しかしそれと同…

「あえて逆のほうが通っぽい」という少数派気取りの大衆性

過日。日曜。昼上がり。 ワイドナショーという番組がやっていた。 私はその内容に驚愕した。 驚愕のあまり、翌日仕事に行きたくなくなるほどだった。 その内容とは、 「日本の人口の7割は、かためのプリンが好き」 というものだった。 これにより判明したの…

まどと林檎

まどと林檎の対立がある、そんな話を耳にした。 私はなんて愚かしいんだ、とおもった。 これらの二つは比べるようなものではない、とおもうからだ。 まども好きだし、林檎も好き。 そんな私の見解を陳述したいとおもう。 まず、まどである。 まどは、その膾…

「おなかと背中がくっつくぞ」という恐喝兼虚言の大罪を犯した俺はもう二度と子どもに教育などできない身代となってしまった

どんなときでも人間は正直でないといけません。 そう思います。まじで。 ひとたび嘘をつけば、その嘘のためにまた嘘を付くという、嘘で塗り固めた地獄の人生を送らねばならなくなるのです。人間の一生は地獄です。ほんま。 かくいう私は、ピュアにナチュラル…

2歳児のイヤイヤ期に絵本「こわくない こわくない」が効いた

過日。貸し本屋にいった。 市営のもので無料レンタルできる。図書館と言うらしい。 なぜ図書館にいったのか。 わけを話せば長くなるが、たんじゅんに絵本が高額なのである。 あんな数ページに1200円という市場価格をおもんぱかると、絵本業界の暗部は金…

年齢を言い訳にするな、俺。

すばらしい!おみごと!粋だね! って思うのは、今年も懈怠することなく誕生日を迎えるからであって、なんと連続して31回目なんだよ。すごくない?毎年ちゃんと歳とってる。えらくない? 歳をとったらできないことがある。 いまからじゃ医者になんてなれな…

クワガタは食えるのか、食えないのか問題

瞋恚の波動が駆け巡った。土曜のことである。 夏祭りに行った。息子の所属する認定こども園のものである。 やぐらから放射状にぶらさがった提灯。蝉の音。 汗ばむ体にまとわりつく塵埃。サンダル履き。汚れた足。 夕刻。18時。まだ空は青かった。 息子は神…

2歳児をヤクルト漬けのジャンキーにして健康状態を保育

椿事。 息子が保育園を自主休園した。火曜のことである。 おなかを下しゲイリームーア。 でもいまはもう、ぜーんぜん平気。 お医者に行ったところ「胃腸炎かな?」と言われた。 まぁお医者も人間。すべてを把握できるわけない。 が、もうちょっと的確な言葉…

ライブハウスの衰退

新宿JAMという老舗ライブハウスが閉店するようだ。ビルの解体らしい。 私もこのライブハウスには思い入れがあって、出演したこともあるし、なんどかイベントも見に行ったことがある。 新宿JAMが12月で閉店、37年の歴史に幕 (音楽ナタリー) - Yahoo!ニュ…

人生を変えるために

私はこのままではいけないと思う。 身に降りかかる因果を、すべて確証の取れない幼少時代や育った家庭環境のせいにし、己が懈怠に通底するものである、落伍した人生の根幹である、などと主張する、なんとも哀れで愚かしく、そのうえ高邁な、蛇蝎のごときこの…

マンションか戸建てかどっちがいいのか私が出したアンサー

まるで男気というものがなくて慙愧に耐えない。 というのはやはり住居購入の際、半年間も因循していたからである。 なんども住宅の売人に「決める人はすぐ決めちゃいますよ」と、男としての了見を問答されたが、煮え切らない私は右顧左眄し、決めあぐねてい…

イヤイヤ期MAX

イヤイヤ期という人生のセクションがあるようだ。 それはいわば反抗期のようなものであって、鬱積を言語や態度で表し、世の中に抗うことにより自己を表現する。陳腐であるが、豪儀でもある。私はそう思う。 そんなイヤイヤ期がピークを迎えている。 // 朝の…

週末のうちの庭を 野良猫が歩く ご自慢のちぎれ尾を 水平に威風堂々と 糞を落としていく猫は 忌み嫌われていた 庭にかがむ その体めがけて 罵声を投げられた 人間には慣れていた むしろ舐めていた 登記簿を思いやることなんて 煩わしくて そんな猫を追い払う…

さいたま水上公園、こどもプール無料にひそむ夏の魔物

埼玉県。上尾市。さいたま水上公園。 この休日、子どもプールのみが開放され、しかも無料とのことであった。 吝嗇である我々は「ただより高いものはない」ということで赴いた。 これがすべての間違いだった。 我々は無料の看板に釣られ、行水という行為に祟…

私たち人間は試されている

我々はテストされている。 知らぬ存ぜぬうちに試されている。 人に。大自然に。時代に。世界に。 我々は試されている。 それは言葉で光りを当てぬとも、闇のなかで蠢いている。 そんな日常の闇に潜むテストを、私は一握の勇気を持って、ここに記載する。 マ…

こどもの城の臭気。2歳9ヶ月の狷介不羈。周章狼狽。愛車破損。

「かくばかり偽り多き世の中に子の可愛さは真なりけり」 なんてことを昔から言ってはいますけれども、こうして子を持ってみると身に沁みてそれがわかるというか、なんというか、マジだな、と思う。 血をわけた息子は現在2歳ともうすぐ9ヶ月になろうとして…

「おばあちゃんは離婚しているから君にはおじいちゃんがいないんだよ」

日曜。朝。陋屋の真表。 七分の一の所有権がある私道。 そこで子どもとツイストを踊ったりして遊んでいた。 ブギウギしていると向かいの御宅が騒々しい。 義をみてせざるは勇無きなり。ここはいっちょ噛みして騒動の鎮圧に躍動しようじゃねぇか、と駿河人の…

キーマカレーのキーマの部分

カレーという料理がある。 端的に言えば野菜のスパイス煮込みなのだけれど、その固定冠詞にチキンやポーク、ビーフなどがある。これは要するに中に入れる畜肉に主眼を置き、カレー自体を修飾するという行為なのだけれど、キーマカレーと聞いて愕然とした。 …

共働きの家事はルールを決めないほうが良いと思っている

忸怩たる思いであるが、私の家庭は妻にも働いていただいている。 私だけの収入では家計をやりくり、露命をつなぐことができないからである。 つまり共働きなのだけれど、世の中にはそんな共働きの家庭が増加しているようだ。 ゆえにどこの保育園も園児の足が…

それが魔法というものなら

はてなブログの今週のお題は「もしも魔法が使えたら」というものなのだけれど、なんてメルヘンなお題なのだろう。夥しいほどにロマンチックが飽和している。 もしも魔法が使えたら、私はまず金持ちになりたいと思う。 なので一万円札を大量に出現させようと…

プライドを持って仕事をする輝かしい人々 ~cymaでママチャリを買った~

2歳児の通園に憔悴しきっている。 その目方15キログラムは、子育てマッチョである私にもさすがに重労働である。 そんな現状の打破に自転車を所望した。 なのでサイクルベースあさひという自転車の売人が占拠する場所へ赴いた。 暖簾だしとほぼ同時に行っ…

子育てマッチョ

人間の刹那的進化として筋トレというものがある。 どうやらこれを行うと精神的に健全になれるらしい。 そんなばかな。 と思うが、まぁそういう信仰があっても私は寛容なのでゆるしちゃう。 体重が増加している。困惑している。たんじゅんに太ったのだろうか…

失われた日本の文化

蟹行文字の横溢に辟易している。 アジェンダ。メソッド。コンプライアンス。ナイキ。アディダス。ジーショック。 意味不明なカタカナ語ばっかり使ってんじゃないよ!と私はいつも慨嘆している。いつまでこうして亜米利加からの精神的植民地支配をうけている…

どうしてオカマはおもしろいのか

マツコデラックスという人が好き。テレビに出ているとつい見てしまう。 歯に衣着せぬ物言い、というよりは事象の顕揚化がとても巧みだと思う。それは生理学として男性の脳漿を持ちながら、感性や感覚が女性的だからなんだと思っている。 M2 デラックスなマス…

満員電車にサンダルを履いて乗ってくる女

今朝。高崎線。電車内。サンダルを履いた女性が入ってきた。 私は「踏まないようにせねばならない!」と身構えた。 しかし、これってどうなのだろうか?と思った。 なぜならばサンダルを履いてきたのは彼女の意志なわけである。 それはもちろん、彼女のファ…

ブログを開設して一年経っていた

はてなブログ運営様から電子メールが来ていた。冒頭に貼り付けたイメージが添付されていた。 俺、1年もブログやってたのか。 ブログをやりはじめてから、世の中のいろんなことに気がつくようになった。 実例を申し上げる。それは上記はてな様からのメールで…

私の妻は松井秀喜

妻が毎年欠かさずにやっていることがある。 それが「歳をとる」ということなのだけれど、ついに31回連続して歳をとり、自身の最高記録を更新したのである。豪儀である。 そんな妻の誕生日は過日6月12日であった。ふたご座である。ちなみに同日誕生日を…

友人と飲むうまい酒はそもそも味なんて関係ない

ニルバーナというアメリカのバンドがいた。カートコベインというカリスマロック歌手が在籍していた。彼は94年の春に自決した。錆び尽きるより燃え尽きたかったそうだ。 彼らのヒット曲にスメルズライクティーンスピリットという楽曲がある。それが店内に響…

薬物的効果としてアルコールを摂取している

「お酒が好き」と胸をはって言える方がかっこいいなぁと思っている。それはきっと自制ができているからであるし、またお酒を嗜好品としてあじわうことができているからであると勝手に思っている。 私はさいきんまた飲み始めている。鬱憤がたまることが多いか…

ドキュメンタルを見た感想。どうしておもしろい、つまらないと賛否が分かれるのか。

中空に「ぼけ」が漂流していた。 しかしだれも「つっこみ」をしない。 なぜなら、面白くなってしまうからである。 お笑いとは打ち上げ花火のようなものであるなぁと思う。 丹精込めて作成した「ぼけ」に「つっこみ」で火をつける。 炸裂するのは人心の抑えき…

上尾市丸山公園に行ってちかくの食事処「新道」でまぐろカツを食った日曜日

晴天がきらい。お天道様に「お外にでて遊べ」と急き立てられる錯覚を起こすからである。こっちゃつかれとんねん!とゼイロク風情に語ってみるも、無情にも空は晴れていた。 上尾市の丸山公園に赴いた。広大な敷地の公園である。入園料などはない。午前10時…

親が子どもにしてあげられること

ひとは悲しいかな、学ぶ。そうするとそれを活かそうとする。それは茶の煎れ方やソラマメのむき方、上野動物園でパンダをいかにうまく見るか、などの日常生活から、いうなれば「生き方」まで支配する。 私も人の親となった。子どもが生まれればオートマチック…

かわいいは正義

感情の機微は、ブログの胎動だと思う。 つまり感じたことや思ったことというのはブログにとって話題になる。私の場合は日記であるが、その類を運営するうえでも、やはり心の動きというのは記事にしやすい。 怒り。 それは私にとって日記を書くにあたっての動…

「アジェンダ」などの突然の外来語の強襲

「ペンディング」と言われて困惑した。 こんな公の場でそんな…と頬を赤く染め、もじもじと居心地を悪くした。しかしなぜ忽然と情交について言及したのだろう、と思ったが文脈的にそうではないようだ。 なんなんだペンディング。と考えていたら会議は終わって…

映画エクスマキナを観て、人工知能が仕事を奪う懸念はなくなったと感想を擁した

エクスマキナという舶来の映画を観た。感想を書きたいのだが、私はあまりこういった「SF映画」、表意文字にすると「科学的虚構映画」なるものには明るくない。 だが、そんな私が見てもおもしろかった。たぶんいろんな考察やらを書いている方がいるだろうな…

遊ぶか食べるかどっちかにしなさい

難題である。 だって遊びたい時にご飯の時間がやって来るのである。だから遊びながら食べるというハイブリッドな発見をしてしまった。柔軟な頭脳ゆえの空前絶後のアンサーである。まことにもってジーニアス。しかし、嗚呼、どうしてこうも世界は生きにくいの…

普通になりたかった

普通ってなに?ってなりますが、個人的には「みんなといっしょ」ってことだと思っています。しかしその答えは人それぞれにあると思います。立場観点によってその答えが違うと思います。上から見れば謙遜であって、下から見れば憧憬です。私は普通に憧れをも…