まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

映画 チョコレートドーナツを観た

 

 チョコレートドーナツ

 

bitters.co.jp

 

 こんな恥ずかしいことを電脳砂漠の片隅で発言(発書?…あ、発信!!)するとは思わなかったが、

 

マジで「愛ってなんだろう」と思った映画。

 

 

ハッピーエンドに憧れて…あぁマルコ…。

 

 

こんな映画


『チョコレートドーナツ』予告編

 

あらすじ

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。

だけどそんな幸せな家庭が長く続かないんだよ!!クソッ!!!

 

感想

huluで観ました。

あまり期待しないで観たら大当たり。前評判とか知らなかったので。

観賞後、かなり胸を打たれたのでグーグル先生に「この映画ってどんな評判なんですか?」と訪ねたらどうやらかなり評判のいい映画だということが分かった。

まあ、そりゃそうだろうな、納得。なんか賞とかとってるらしい。

 

 

 以降ネタバレ?ありますので、これからこれ観るよって人は観ないほうが…

 

ルディ役の人最初に出てきたとき顔だけみたらほんとに女かと思った。ゴツイ女だなとか思って。

いやしかしこの人が素晴らしい。感情が伝わってくる。これホントに演技かよってくらい。

あと歌ね、劇中のショーでは口パクの歌なんだけど劇中で本人の声で歌うんですね、それがまたすごく、イイんだ。

アダムランバート級にめちゃくちゃ技術が巧いというわけではなく、

気持ちがこもっていて表現が上手いんです。伝わってくるんです、歌が。

 

その歌が要所要所、彼女(彼?)の気持ちを代弁するような歌でこの映画のキーポイントだと思います。とくに最後のディランの歌とかね。

ルディはやっぱり社会的なマイノリティだし、そんな少数派に属するマルコに感情移入してしまうんだろうな。劇中ではルディは家族のことをあまり語らなかったけどもしかしたらルディもああいう家庭だったのかもね。なんて物語が物語を呼ぶ。

マルコを守ろうとする懸命な姿、そこにある愛を謳歌する姿、とても印象的でした。

 

ポールも最初は冴えない男だな、と思ったけどこのチョコレートドーナツで最高の名ゼリフを言ってくれた。

 

「あんたたちが気にも留めない人生だ」

 

ぼくの涙腺はここで崩壊しました。

 

そうなんだよ、わかんないヤツにはわかんないんだよ、このただでさえ小さな世界に閉じ込められているのに、それさえも、このいわゆる普通の社会で生きている人たちから来る偏見に抑圧されている気持ちなんて!!

 

最後にポールはどういった気持ちであの手紙を出したのだろう。

ぼくは、ぼくだったら「おまえらのせいだぞ」って言いたいと思う。

 

でもそれでもあの人たちにとっては「気にも留めない人生」なのかもしれないけど。

 

マルコはダウン症の俳優さん。いい笑顔してたね。

ハッピーエンドに憧れてバッドエンドを迎えてしまったよ。

ああ マルコかわいそうだよ、もう。

物語はハッピーエンドじゃなくっちゃいけないのに。

 

 

愛ってなんでしょう?

 

その答えはでないけど、そんな大事なことを投げかけてくれる、いい映画でした。

 

 

実話をベースにこの物語を脚本したらしいけどリアルなワールドではみんな幸せになっていてほしい。

 

みんなハッピーにな~ぁれ。