まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

MEWの+-を聴いた

スポンサーリンク

 

MEWというバンドを初めて聴いたのです。

 

f:id:yuasayo1013:20160722163840j:plain

 

そう遠くない昔、ぼくがTSUTAYAに足しげく通い、シコシコと手持ちの大容量HDDにそのレンタルされた楽曲たちを詰め込んでいた時代。つらつらと店内を歩いているとひとつのポップに目を引かれた。

 

The Midsummer Station

The Midsummer Station

 

 

そのミュージシャンはOWL CITY。カーリーレイジェプセンとのコラボレーションでいまもっともホット(2012年当時)な彼の肩書きは、

 

そう「ドリーミーエレクトロポップ」

 

つまりどうゆう音楽か?っていうとドリーミーでエレクトロでポップなわけだ。

これ以上分かりやすいポップはないぜ。早速レンタル、聴く。

うーん、ドリーミーエレクトロポップ。

 

閑話休題。

 

じゃあMEWの+-ってどんな音楽?っていわれたらぼくはこう答えるよ。

 

「ドリーミーオルタナティブロック」

 

 

 

 

プラス・マイナス

プラス・マイナス

 
 1. Satelites
シンセアルペジエーターかな?でふわっとはじまるけど、
途中でベースとドラムがはいってくる。
一転ゴリゴリのバンドサウンドに変化。
その後もふわふわゴリゴリと目まぐるしく展開していく。
随所にはいっている打ち込みがこの曲に一貫性を与えているのでは。
 
2. Witness
ギターロックだ。クソかっこいい。
軽さが音として抜けてくる高音域での16で刻むベースがスピード感を出している。
そして盛り上がるサビ。
上がる。アゲアゲやで。
 
潔く終わるっていう笑
 
 
3. The Night Believer
キャッチーでききやすい!ミドルテンポ。
またふわっとはじまる。
そしてやはりまたバンドサウンドが盛り立ててくるのがこのバンドの美味しさですね。
 
ミスチルがよくライブとかで1番だけ桜井さんの歌とギターもしくはピアノだけでしっとり始まり2番からバンドでドカンと盛り上げる、通称ミスチル戦法(コバタケ好み)に似ている。
今後このミスチル戦法という言葉はぼくよく使いますのでよろしくです。
 
いやしかしボーカルのファルセットまじりの細いけど抜けの良い美しい声が雰囲気だしていますね。
 
てか途中のボーカル誰笑。
 
 
4. Making Friends
しっとり。
おいしい洋菓子くらいしっとり。口の中がパサつかないのよね。
シンセのオーケストレーション壮大。
途中の硬い音のギターがプリンスみてぇ。
 
5. Clinging To A Bad Dream
ベース跳ねるリズムリフかっこいい。変拍子?
これはあれかポリリズムを重ねているのか。ポリループってヤツ?
サビでドカンとくる。結構難しいことやってるのにポップだ。
 
6. My Complications
ロックナンバーだった!
もっともシンプルなバンド構成な曲!
ベースの刻みのスピード感!好きです!!
 
 
7. Water Slides
曲名通りのアワアワなイントロ。ポクゥンプクゥン。
ウォーターサウンドフレーズ。
意外とちょっとダウナー系ソング。
 
てか思えば水中のキラキラしたカラフルな泡みたいなバンドだな。
浮遊感が気持ちいい。
 
8. Interview The Girls
サビの入りの気持ちの良い四つ打ちポップソング!
 と思いきやAメロで変拍子が入ってたり!!
 
9. Rows
長い10分越え。超大作系。
たまにクソ長い映画あるじゃないすか?でも意外と観れちゃうヤツ。
あんな感じ。
長いからこそこんなゆっくり盛り上げられるだろうなぁ。
しかしまさかのフェードアウト!!
 
10. Cross The River On Your Own

これもながいのかよ!10分近くある!!

でもうまくしまったかな!やさしいメロディ。
おやすみソングですね!
 

 MEWよかった。

シンセを多用するスタイルでキラキラしたサウンド。

浮遊感のある空間的音作り。

でも重厚なリズムもありロックバンドを忘れていない感じ。

そしてファルセットの美しいメロディとボーカル。

 

すごくいバンドでした。また他の作品も聴きたいと思います。

 

 

yuasayo1013.hatenablog.com