まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

This is itを観たので、ぼくはしばらくマイケルです

 

ここ最近はブログをほったらかして映画を観ていました。

そんでもってマイケルジャクソンのThis is itを観ました。

 

 

マイケルジャクソンを見ると、しばらく所作がマイケルジャクソンになってしまう。

妻に「最近MJ観た?」って言われる。はい、観ました。

 

やはりこの影響力は彼のカリスマ性からくるものなのでしょうか。

マイケルジャクソンすげぇ。

 

 

なにかモノを指差すときは、こう、ビッっとしてしまうし(ちなみにあいている手は股間にグッと)、なんとなく急に膝を90度曲げてつま先でクイっと立ちたくなる。まあ出来ないんだけど。

もちろんその時はホーーーッと叫ぶし、基本的に会話の合間に唐突にヒーッヒーって言ってしまう。だって頭の中ではずっとビリージーンが流れているからしょうがない。

 

発声はやさしく、ささやくように裏声っぽくしゃべるし、常に考えていることはこの地球をどうやって癒していくかどうか。

なのでこれからのブログはしばらく地球環境について言及していくモノになっていくと思う、だってぼくはマイケルだから。

 

映画の感想を一応書いておこうと思います。

マイケルジャクソンて大変だな、と思いました。

常にマイケルであり続けなければならいないプレッシャーがあるんだな、と。

リハーサルでも常にマイケル。発言もマイケル。

職業:マイケルジャクソン。

何を着ても、裸になってもマイケルジャクソン。

失敗は許されない。マイケルジャクソンで居続けなければならない。

ダンスは常にカンペキ。もちろんリハーサルでもちょっとしたミスはゆるされない。だってマイケルジャクソンだもの。うただって音楽に対してだって妥協は許されない。

指示もカンペキでなければならない。もちろんショーは一人でやるもんじゃないってのはわかっているんだけど一人で全部背負っている感じ。

「ぼくが全部責任を負うから大丈夫だよ 、絶対成功させるから」って言わないけど彼の背中が語っている。

でもね、それが出来ちゃう。だってマイケルジャクソンだから。すげぇ!!

 

映画の意図するところではないかもしれないけど、そんなマイケルジャクソンとしての重圧がひしひしと伝わってきて、かわいそうだな、と感じてしまいました。

マイケルジャクソンって大変って。

 

そんな彼をアイドルとして敬う人はたくさんいるのです。救いですね。いや彼の成し遂げてきた成果でしょう。

ダンサーからバンドメンバー、制作側の人間すべてに尊敬されていてそんな彼をちゃんとバックアップしようとしていてすごく 「マイケルジャクソン愛」に溢れる映画でした。This is itおもしろかったです。

 

 

マイケルジャクソンは実は生きてるんじゃないかって結構マジで思ってます。

だってマイケルジャクソンですよ、死ぬわけないじゃないですか。

キングオブポップ。最強の肩書きを持つ最強のアーティスト。なんだかんだ最後の公演もこうやってちゃんと見せてくれて、抜け目が無いですね、さすが。

 

今日はもちろんムーンウォークで出勤です。

遅刻ですね、覚悟の上です。

おしマイケル