まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

先週ぼくがよく聴いた音楽8

 

 

今ぼくは大いなる悲しみの中にいるがかろうじてブログを書くことにより自我を保っている。

その悲しみの理由は長年ギターマガジンに連載されていたイースタンユース吉野寿による「ヨノナカバカナノヨ」が終了してしまったからだ。

 

こち亀なんてどうでもいいくらいに悲しい。

 

しかも電車の合間時間があったので「ちょっと書店に」てな感じで久しぶりにギタマガを読んだら最終掲載。さみしい。

 

始まりがあれば終わりもある。

 

最後に読めてよかった。

 

 

 

Red Hot Chili Peppers

The Getaway

GETAWAY

GETAWAY

 

 

ようやく聴いたというか聴けたというか。

クルマの中で聴いていたのでしっかり聴いてないんですけど。

 

第一印象は「オトナになったレッチリ」ですね。

どの曲も耳障りが良く、アルバムを通してキレイにまとまっている印象です。

逆にいえば「これだ!」という曲が無いともいえるのですが…

 

このバンドも良い歳のとりかたをしていると思います。

日本のバンドでいったらグレイプバインがいい歳のとりかたをしているバンド。

 

バンドも人間の所業なので歳をとるわけですよ。

そこで無理して昔みたいな曲作ったってしょうがないじゃないですか。

新ギタリスト(たぶんぼくの中ではいつまでもこの表現だと思う)のジョシュが若いからといってもレッチリはもういいとしこいたオッサンなのです。

どの曲もアダルトな雰囲気で落ち着いています。今やるべきことやったといった感じ。

 

ジョシュはライブでみると音数が多くて結構弾きまくるタイプかと思っていたんですけど音源は必要最低限の音で表現するタイプでした。好きではないけどいいギタリストだと思います。

とても良いアルバムだったとおもいます。

 

竹原ピストル

BEST BOUT

BEST BOUT

BEST BOUT

 

 

前回の記事で野弧禅を聴いていたら余韻が残ってしまいました。

 

yuasayo1013.hatenablog.com

 

1曲目の「RAIN」。出だしの「このまま土足でお邪魔していいかい?裸足のほうが

汚れているんだ」は友達の家に行く際の鉄板フレーズ。

名曲 「カモメ」や松本人志への曲「俺のアディダス」。

そして人生についての勝ち負けについて語る「カウント10」。

どれもこれも格好良いです。

このアルバムについてはまた記事を書きたいです(意志)。

 

 

THE BACK HORN

B-SIDE

B-SIDE THE BACK HORN

B-SIDE THE BACK HORN

 

 

バックホーンのイキルサイノウについてクソまじめな記事を書いてしまったのです。

 

yuasayo1013.hatenablog.com

 

その余韻でB面集を拝聴していました。

好きな曲ばかりです。

高校生の頃、友達にシングルを借りてMDにカップリングと共に詰め込んでいたのを思い出しました。

バックホーンはシングル集よりもB面が好きかもしれません。

どうしてもベストというヤツがあまり好きになれないですね。

くるりもそうです、B面集は出るとうれしいけどベストはなんだかなーと思う。

ファンの心理でしょうか。

 

 

 総括

 

最近はあまり音楽を聴けていない。というか聴いていない。

それもこれもアマゾンプライムビデオにガンダムがたくさんあるせい。

 

こんなにガンダムに嫌悪感を抱いたのは初めて。

 

好き故に嫌い。ぼくの中の眠れる乙女。

 

しかも10月にはオルフェンズの2期。

 

いい年こいてまだガンダムが好き。