まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

私が酒を飲む理由

スポンサーリンク

 

 

Grande Jack

 

私は恥じている。

酒が好きだ、ということを。

 

それを暴露した時、何故かあられもない姿を人に見られてしまったような感覚に陥る。

心の弱さを露呈するようで恥ずかしいのだろうか。

 

趣味:酒 という構図に於いて2種類の人種がいる。

単純にその価値、単体として酒を好きな人種と、飲んだ結果、酔うのが好きな人種だ。

 

酒を好きな人種はその歴史や製造工程などにも明るい。

もちろん原材料、相性の良い食べ物、美味しいお店なども知っている。

深めた見識により、友人同僚など酒の席を一緒にする人々を楽しませることも出来る。

 

しかし酔うのが好きな人種はそうでない。

つまみなんてなんでもいいと思っている。

飲めるものならなんでも飲むし、工業用エタノールで酔拳もできる。

酒の席では泣き、喚き、笑い、怒り、暴れ(酔拳)、情緒不安定。

そこまでいかずとも基本的に愚痴をこぼしてはクダを巻く。

というか基本的に家で独りで飲むのでなんの生産性もない。

 

そう、この、なんの生産性もないことを恥じているだ。

 

しかし酒を飲んでしまう。眠れないのだ。つらいのだ。

 

日々生きているとたくさんの人間の嫌な部分に触れる。

悪意や憎悪や怒りや妬み、強欲、傲慢、狡猾、怠惰。

こんなことを書くと、病んでいるのか、とか、精神的な疾患があるのか、と疑われるだろうがそんなことはない。

時折激しい憂鬱の波に襲われることはあるが、それは誰しもにあることでしょう。

 

まぁ、そうして人間の嫌な部分に触れる。

すると自分の心に汚れが付着するような気がする。

目には見えないのだが、手垢のように確実にペタリ、ペタリと私のガラスのハートを曇らせていく。

手垢にまみれた曇ったハート越しに見る世界はとても見難く、醜く、そして汚い。

 

そこで汚れたハートを綺麗にしたい。

除菌したい。

怖いのだ。

人の精神的分泌物が。他人からくる感染症が。汚れが。

 

潔癖症なのだ。他人の作った握り飯が食えないシンドロームなのだ。

 

yuasayo1013.hatenablog.com

 

 

 

そこでアルコール除菌です。

 

私は、心を除菌するために酒を飲んでいる。

 

アルコール除菌は万能だ。

この現実的マテリアルワールドに噴霧すればあらゆる細菌を滅してくれる。

更には体内に摂取することによって精神的スピリチュアルワールドさえも除菌してくれるのだ。

 

ガラスのハートに付着した人間の汚い部分をアルコールで洗い流す。ふき取る。

 

アルコールの濃度は強ければ強いほうがいい。

ビールやワインで洗い流すのもいいが、結局はウイスキーや焼酎の蒸留酒に落ち着く。

もちろんそれはコストパフォーマンス的にも。

 

そうして都度都度、心を綺麗にする。

さっぱりと晴れやかな世界が訪れる、ことは無い。

 

肉体的には二日酔いというカルマが訪れる。

精神的には後悔が募る。

苦しみ、足掻き、それでも会社に行く。

そこでまた汚れては、夜な夜な酒を飲み、また洗浄作業に入る。

 

この無限ループです。なにも解決しません。

 

 

 

それでも私は

 

 

 

 

余談ですが、地元の友達が共に上京してきた時、

「東京の汚れた空気に負けない肺を作る」

と言ってタバコを吸い始めました。カッコいいなと思いました。

 

 

少し寒くなってきましたね。

焼酎のお湯割りがおいしくなってくる季節です。

今日はなにを飲みましょう。