まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

ジーパンとトレーナーという単語は死んだ!ここは死んだ単語の墓場

スポンサーリンク

 

 

いや、デニムって素材ちゃうんかい。

 

パーカーってフードついてるトレーナーちゃうんかい。

 

ということで、死んでしまった単語、あたらしい言葉に地位を奪われた虫の息の単語を記載していきます。

 

これは見つけ次第、随時更新したい。

 

 

・ジーパン→デニム

もうなにも言うことはありませんが。

 

・トレーナー→スウェット、パーカー

スウェット?…汗?吸収力?…モイスチャー?

 

パーカーとの使い分けに注意。

フードがついているものがパーカー。それ以外はスウェット。

 

この流れでいくと、おそらくジャージもあたらしい呼び名が考案されつつあると思う。おそろしい。

・ジャージ→トラックジャケット

追記2016/11/8

フルメモ (id:TheFullMetalMohican)様より

ジャージの上だけをトラックジャケットと呼ぶとご教授していただきました!

ありがとうございます!

お…ジャージ…虫の息…?

 

・スパッツ→レギンス

よくわからんが、妻が怒っていたので書いておく。

スピッツと混合するからファッション業界が回避したのでしょう。

 

・ズボン→パンツ

下着のことじゃないんですよね。

ややこしいのでもうパンティーで統一してよい。

男性用パンティー。それでオッケーでしょう。

 

ぼくはズボンをズボんと履きたい。

 

・下着→インナー

わかる、意味はわかる。かっこよく訳したつもりですか。

下着ならずとも、とにかく下に着ているものを指すことが多い。

Tシャツだってインナーだし、シャツだってインナー。

ストライクゾーン広すぎ。

 

・ジャンパー→アウター

外着ですね。インナーに対してアウターとはこれまた安直。

しかし、いつからみんなジャンパーって言わなくなったの?

 

・ランニングシャツ→タンクトップ

ぼくは小学生のころ下着は全部ランニングでした。

筋トレという病気が蔓延しているのでランニングシャツが日の目を浴びるとおもいきや、タンクトップに地位を奪われていた!残念!切腹!!

 

・セーター→ニット

これも素材ちゃうんかい。ニット地やろがな。

 

・よだれかけ→スタイ

これは僕はびっくりしました。

ベビー用品売り場でよだれかけって言うと「スタイですね」っていわれる。「え?、いや、よだれかけ…」 「あぁ笑…よだれかけですね」ってショックだから。

 

・チョッキ→ベスト

スーツでチョッキ付きのものを買ったんですが、その背広屋のババアはジレと言っていました。

ぼくはもうなにがなんだかわかりません。

 

・背広→スーツ

チョッキを書いて思い出しました。背広ももう言わないですよね。

まぁこれはわかる。昭和くさいからね。

 

 ・えもんかけ→ハンガー

ぼくは最近、えもんかけという高度経済成長期的な言葉が好きであえてつかってます。

えもんかけ。すてきなひびき。

 

 

見つけしだい随時更新していこう。これは日常の話題用メモ。