まだロックが好き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだロックが好き

アラサーです。 ふだんはサラリーマンをしています。 元バンドマンです。 高校から一緒の妻と、2014年に生まれた息子がいます。 趣味でまだバンドをやったりしてます。 まだロックが好きです。 そんな日記です。ブログではありません。 日記です。

「なにがなんでも暴力はいけない」と言えない

 

2歳の息子はイヤイヤ期まっさかり。

ごはんは食べない、服は着ない、風呂に入らない、寝たくない。

 

しかし、拒否権の行使とは、人間が本来もっている生存本能の一環である。

 

なんでもかんでも受け入れオッケー!

お上からくだる指示命令はぜったい!イエッサー!

なんてやってたら疲労こんぱい。力尽きて死んでしまう。

某巨大広告会社の悲しい事件みたいに。

 

 

しかし息子はまだ2歳になったばかり。

だいたい大人に力づくで制されてしまう。

そんなときにどうするか?

 

暴れます。

のけ反り。エビ反り。寝そべり。

それでもダメなら、パンチパンチパンチパンチ。

どこで覚えてきたのそんなの…?アンパンマンかい…?

 

世の中の大半の問題はカネで解決している。

人を傷つけた、はい、慰謝料、賠償金。

俺はやりたくないからオマエがやれ、お給料。はい、10円。

 

もちろん、もし息子に財力があれば、私は従う。

「どうして小生を保育所なる場所に委託するのか。両親共々労働に従事している様子を察するに、さては金銭の工面に労をなしておるのだな。よしわかった。小生のポケットマネーより金2億差し出そう。なぁに苦しゅうない。受け取れ。代わりと言ってはなんだが、本日より小生と共に過ごす時間を増やすのだぞ、わかったか」

 

はは~ありがたき幸せッ!ご芳志、拝受いたしますッ!!

である。

 

しかし現実、息子に財力はない。親にもない!残念だったな!息子よ!

 

世の中には絶対的な権力がある。

屈せずにはいられない絶対的”力”がある。

 

もし息子に権力があったなら…。(←ドリフのコントみたいですね!)

「朕は今時分、入浴の気分ではない。愚民共を率いた人間チェスがしたいのじゃ。なに?就寝時間?なにをいっておるのだ。この国の時間軸は朕にあるのじゃ、朕は国家なり。控えおろう、我が名は太陽神。」

 

御意。

である。

しかし息子に権力はない。親にもない。知り合いに代議士の先生とかいない。ごめんな。

 

かかる具合に、財力も権力もない息子は残された最後の”力”、暴力を行使するのである。

これまさに生存本能。

 

人類は文明を築き、法の秩序に守られている。

法に守られたきゃ、法を守るしかない。

社会とは共存の世界であり、共存しなければ生きていけない。

そこで我々親は子どもに「人を叩いちゃいけませんよ」と教育するのである。

(ろくに勉強もしていない私が「教育する」などと言うのも、なんとも奇怪でおこがましい話であるが、ちょっとそのへんはスルーしてくれ) 

 

しかしどうだ。

社会に溢れる陰湿なジメジメしたヒトのアブラくさい影。イジメ、パワハラ村八分

さような闇に息子が晒されたとき、「なにがなんでも暴力はいけない」と言えない自分がいる。

ヤなことされたらぶん殴れ。と、言ってしまいそうなのである。

 

権力、財力、暴力は三角の関係にあるのがよろしい。

権力で財力を成し、財力で暴力を買い、暴力は時として権力となる。下克上。

このサイクルで世界のパワーバランスは成り立つと思うのだが、どうだろう。

 

しかし権力、財力、暴力の均衡は崩れている。

財力で全てまかなえる時代。資本主義の末路。

力なき人が抵抗できない、この時代、この国に生れ落ちた私たち。

 

電通の過労死もそうだ。

もし彼女に上司に抵抗する力があれば。

 

権力という印籠をチラつかせて「私の親、実はこの会社の社長の恩師で、しかも弁護士で、社労士で、イルミナティなんです。」

これで解決。

 

もちろん財力があれば働く必要性なんてない。

カネさえあれば(というか将来の不安を解消できるものがあれば)もし理不尽で不条理で不合理な指示命令をされたときも

「あ、そう。じゃあ辞めたるさかいに。さいなら。達者でな。アディオス。」とできるワケである。

 

もちろんそんな持っている人間は少ない。というかいるのか…?

 

でも誰しもがもっている暴力。

「大変不愉快きわまりない発言とみなすので、いまからオマエを殴る。これは弱者のみに与えられた最大の特権であり、赦しなのだ。」ぽかっ。

刹那的解決であるが、平等で、故に、たいへん美しくも感じる。

 

その「ぶん殴られる恐怖」が社会に浸透していれば、そもそも上司も無茶言わないだろう。

 

 

誰もが抱く未来への不安を盾に、権力をふりかざすバカ。

ソイツをぶん殴れる「赦し」が与えられるのであれば。

意外とちょっと世の中良くなるかもしれない。

 

だからみんな2歳児のときの反抗心を思い出せ!ゲットバック2歳児!

 

本当はストレイト・アウタ・コンプトンという映画を観て、ときとして音楽と言葉は暴力よりも凶暴だ!社会に問題提起していこうぜ!って内容を書こうとしたのだけど、どうしてこうなった。

 

あ、映画はおもしろかったです。

チンパンジーとキツネとゴリラが言語を駆使し、謀反を繰り返し、いかにして野生の頂点に立ったか、という伝記映画。ゴリラ役は本当のゴリラの息子。必見。