まだロックが好き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだロックが好き

アラサーです。 ふだんはサラリーマンをしています。 元バンドマンです。 高校から一緒の妻と、2014年に生まれた息子がいます。 趣味でまだバンドをやったりしてます。 まだロックが好きです。 そんな日記です。ブログではありません。 日記です。

西海岸系のバカっぽさが好き Zebraheadを聴いていた

 

「Head」とつくバンドは良いバンドが多い。

Radiohead。Talking Heads。Motörhead。

いまパッと思いつくのはこんなもん。

「head」が付随するバンドはインテリが多い。と言いたかったが、モーターヘッドが出てきてしまったのは計算外。なのでこれはなかったことにしてほしい。

レディオヘッドもトーキングヘッズもインテリ。

インテリ選民のもとに生まれ、裕福な生活、そして高尚な学歴を持ちながらも、ロックの土俵に入り込んできたアブナイ奴等。

 

しかしZebrahead。いや、じつに彼らはあたまがわるそうじゃないか。

 

 

ゼブラヘッドと読む。

親近感のわくグッドな良メロ。流麗な高速ラップ。

シンプルでキャッチーなリフ。騒がしくて雑だけどポップでパンクでとにかくノれる楽曲。

メロコア。ポップパンク。ラップロック。ミクスチャーロック。

まぁそんな感じ。

アメリゴベスプッチ大陸のアメリカ大統領国、カリフォルニアのバンドである彼らはいわゆる「西海岸系」。

 

西海岸系。東海岸系。

そんな言葉がある。

アメリカ大陸においての海岸線。

これは主にヒップホップの世界の境界線である。

しかしロックや、一般的な音楽、ファッションにも通用すると思うのでここでは使用したい。

東海岸系は個人的に「インテリ」なイメージ。都市型。洗練された生活。芸術肌。金持ち。こギレイでオシャレ。

対して西海岸系は「おバカ」。お調子者。ストリート系。毎日パーティ。ブルーカラー。こキタナイけど格好良い。

 

まぁコレは個人的なイメージ。でも大体あっているはず。

 

音楽的に言ったら

東海岸系はなんかアーティスティック。(これの戦犯は個人的にルーリードだと思っている。)

ニューヨークドールズというパンクバンドの元祖みたいなのがいるが、あれにも薫るアーティスティックな感じは彼らがニューヨークという東海岸沿いで結成されたからではないかと思っている。パンクにクセに。

音質的には、まー湿潤としている。

ちょっといろいろ言いたいことはあるが今日は辞めとく。

 

西海岸系ってのは、おちゃらけてる。語彙力のない私は、この言葉ばかりを出して申し訳ないが「おバカ」っぽい。

音質的にもカラッとしている。

有名なとこだとグリーンデイ、レッドホットチリペッパーズ。ね、バカっぽいでしょ?

あとレイドバックなサーフミュージックとか諸々あるけど、あんま詳しくない。まぁビーチボーイズとだけ言っておけばいいでしょう。

 

さっきからバカバカ言って、バカにしてんでしょ!?

なんて言われそうだから言い訳をしておくと、これは大衆音楽における褒め言葉だと思ってほしい。

以前にも書いた気がするが、バカっぽい味。つまるところ、ハンバーグやカレーってのはみんなに愛される。この偏差値の低さというのは受け入れやすさの目安として大変分かりやすいと思う。

故に、バカっぽければバカっぽいほど大衆にウケるのだ。

食べ物の例をだそう。

私の中で食べ物が「くさい」というのは褒め言葉なのである。

納豆はくさければくさいほどウマイし、ブルーチーズだってくさいヤツのほうが酒がすすむ。くさくないラム肉なんてーのはただのタンパク質であってラム肉である意味がない。

(よくグルメレポートでラム肉がくさくない、食べやスーイなんて言っているもんがあるが、あれをみるとその店には行きたくなくなる。余談。)

 

ということで西海岸系。バカっぽくで聴きやすい。

頭のよさそうな音楽もあるので一概には言えないけどね、と予防線をはっておく。

 

で、ゼブラヘッドの話ですね。

Playmate of the Yearというセカンドアルバムを聴いていたが、ノリノリになれる。ポップでキャッチー。

 

Playmate of the Year

Playmate of the Year

 

 

ファーストのWaste of Mindはちょっとラップ色が強い。あんま聴かない。

 

Waste of Mind

Waste of Mind

 

 

サードのMFZBはキャッチーさを踏襲しつつ、なんだかマジメになった。シリアス。このアルバムを私はイチバン聴いたが、ゼブラヘッドぽくないといえばぽくない。

 

MFZB

MFZB

 

 

そこから大人になった私はだいぶゼブラヘッドを聴かなかったが、とある参加予定のフェスに彼らが出演するというので久しぶりに聴いた。

そのアルバム名はPanty Raid。日本語に訳すとパンティー泥棒。

カバーアルバムだ。女性アーティストの曲をゼブラヘッド的にカバーしたものだと言う。有名な曲ならアブリルラビーンの「Girlfriend」。

 


Zebrahead - Girlfriend [Avril Lavigne Cover] (Official Music Video)

 

これをみたアブリルは怒っているらしい。まーどうでも良い。けどPVの出来は良い。

あとはゴリエ(と言ってわかる人がどれくらいいるのか疑問)で有名な「Mickey」も収録されている。まぁあとは諸々。デスチャとかブリトニーとかピンク!とか。

 

パンティー・レイド

パンティー・レイド

 

 

 

このバンド。オススメはしない。

けど、なんにも考えずに明るくノリノリになりたいなら聴いてみるのもありかもしれない。

 

グレイテスト・ヒッツ?

グレイテスト・ヒッツ?