まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

人間のカロリーに襲われたライブの夜に感じたこと。

 

 

恒温動物である人間はいきているとエネルギーを放出する。

表面温度を維持するためにエネルギーを消費し、熱を放出する。

 

これがいわゆるカロリーだ。(そうじゃないかもしれんが今日はそうゆうことにしてくれ。)

 

そんな他人のカロリーをぬるぬると感じた話。とライブの反省。

 

 

とある週末。バンドマンとしてライブハウスのステージに立った。

こんな感じに書くといかにも音楽家っぽいが、ただのコピーバンドである。

そんなコピバンで久しぶりのライブ。

果てしないほどの消耗をした。

 

まず己への戒めとして書いておこう。

体力づくりをしなさい。

一日楽しみたかったら本を読みなさい。

一年楽しみたかったら種を蒔きなさい。

一生楽しみたかったら家を建てなさい。

ライブをするなら体力を作りなさい。←New!!

 

というのも本当、苦しかった。

歌をうたうというのは苦しい。

つまりこれは、「私」という人間をいかに大衆にさらけ出すこと、エゴイスティックを解き放つ作業に対し、羞恥心や背徳感が呼応し、自身のこころというシステム内でのシーソーゲームによる苦悩。

 

といった意味ではなく、単純に暑いし空気が薄くて呼吸がキツかったってこと。

ステージ上は暑い。

これは何度も経験しているはずなのに忘れていた。

まず照明。あんなに煌々と照らす必要あんのかよ、と思うほど。ただし顔のシワなどは光で飛ぶので5歳くらい若く見える(っていうのは勝手な妄想)。

 

あとここからが本題。

人のカロリーが迫ってくる。

ライブハウスなんてせまっくるしいもんだ。

そんなとこで人間が密接してガヤガヤしていたらその生命活動、つまり呼吸により酸素は薄くなり、そして発熱、発汗により人間のモワっとしたカロリーが散布され、巨大なかたまりとなって襲ってくる。

人間のカロリーは空気中に拡散するとぬるぬるする。

ぬるぬるの空気。といえば想像できるようにすごく湿度を含んでいる。湿度2億パーセント。

実際そんな空気は見える。可視化。具現化。顕在化。まじカロリーって見える。びっくり。たぶんアレは5000キロカロリーくらいあった。

熱気。といえばすごく聞こえがいいが、そんなかっこいいもんじゃあない。

そんな、ぬるぬるの熱気に襲われるとまるで水中のよう。水中、それは苦しい。

 

とにかく息が苦しくって歌なんてうたえなかった。

呼吸がうまくできないと、筋肉もうまくつかえないんだと思う。

腹筋。やばかった。背筋も。筋肉いたい。

あとあたまフリすぎた。首の筋肉痛。

疲労しているからこそわかる、人のあたまってこんなに重いのね。

 

とにかくヘロヘロでした。ちゃんと体力をつけましょう。

ま、つぎはいつやるかわかんないけどね。

 

ここまでは綺麗な反省。以下愚痴と悩み。

 

このライブは私がとある組織に参入しているからこそのライブ。

組織と書くと黒いふんいきがでてしまうが、これようするにサークル活動である。

 

音楽系のサークル活動であるが、みんな本当に音楽が好きなのか。という疑問を抱いてしまう。私はマジメちゃんなのだ。

 

ただはしゃぎたいだけなのか。そうなのか?

 

大人だってはしゃぐぜ。

とフラワーカンパニーズの曲にあったな。いい曲だと思う。

 

けど結局「音楽活動がしたい」ではなく 「サークル活動を盛り上げたい」という気持ちが参加者からにじみ出るイベントだった気がした。

すごく意味のある動機であると察するが、これまさに手段と目的が入れ替わってしまったパターンではなかろうか。

 

けど音楽なんて目的にすべきもんでもないのか。ただの手段であるべきなのか。

 

結果、楽しいイベントではあった。

私は悲しくも、はしゃがざるを得なかった。

 

チェスト!チェスト!チェスト!

チェスト!チェスト!チェスト!