まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

これをみてVISAデビットを手に入れるヤツがいるのか、いないのか。神のみぞ知る。

 

 

 

お題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」

↑これについてブログを書くと、どうやらお金がもらえるらしい。

お金じゃなかった、アマゾンのギフト券がなんと3万円。

でも生活の一部となったアマゾンの金券ならば、もはやカネ。もしくはそれ以上。

つまりささっと1時間程度で書けば時給3万円。

2時間で書いたって時給1万5千円。3時間で書いたって1万円だ。

 

やるっきゃない。

 

VISAのデビットカードを言葉巧みに説明し、読者を洗脳させ、デビットカードの餌食にすればいいのであろう。

まかせてくれ、はてな。

ぼくそういうの得意。ことヴぁのまずゅつしだから。。。

 

三菱東京UFJVISAデビットにはどうやら4つのポイントがあるようだ。

ひとつずつかいつまんでみていこう。

 

1.使いすぎの心配がない

クレジットカードというのは各金融システムが一時的に会計をすませ、その金額を後日、指定した使用者の銀行口座から引き落とす、という、いわば「ツケシステム」だと認識をしている。

かといって使いまくれるわけもなく、限度額がある。

私も3、4枚もっているが、たしか全部100万に設定したと思う。

なのでどれほど銀行口座にカネがなくても100万までなら使い放題。

 

これはヤバイ。

 

銀行口座の残額が5円。

なのに、今月はまだ10万しかつかってないからいっかー。中古のK自動車かっちゃおー。ブオーン。なんてできちゃう。

ちなみに口座のカネが1桁になると引き落とせない。俺のカネなのに不思議。これ実体験。

 

それにくらべデビットカードというものは、つかった金額が銀行口座からそのまま引き落とされるようだ。

だから、使いすぎてもマイナスになることはないし、5円しかなければ5円チョコしか購入できない。等価交換。これが真理である。

 

2.国内外のVISA加盟店3.800万店舗で使える!

ちょっとしらべてみたけど、これはVISAのクレカがつかえるならどこでも使えるらしい。

コンビニで300円とかでもクレカで払っている私は、ヘビーカードユーザーなので、これはありがたい。

つかいかたはいたってクレジットカードと一緒。

店員さんにわたして「一回で」で済むようだ。

 

うーん、とくに言うことはありません!!

 

3.インターネットで申し込みもカンタン

さすが。

現代におけるネット社会への対応がすばらしい。

まるで楽天カード。

楽天カードはすべてネットで終わる。たしか。

というか私のジャックスカードもたしかネットで全部やった。

いまやもうネットですべてが完結しなければ時代の潮流にながされてしまう。

さすが財閥。見識が違う。しっかりと時代をかみしめている。すごい。フットワークが軽い。

 

4.自動でキャッシュバックされる!その額なんと…!

ご利用金額の0.2パーセント!

すごい!10万使ったら200円!

100万つかったら、なんと!2000円ももどってくる!!

家電買うときとか、値切るじゃないっすか?

定価10万円の洗濯機なら、定価で買いたくないじゃないですか?

厚かましい関西人ならともかく、知識文明人の関東人なら「恥」を知っているのでなかなかそんな顔の面が厚く「もうちょっと勉強してや~」なんて言えんくないっすか?

でもこのVISAデビットならだいじょうぶダニ。

だって使った額の0.2パーセントキャッシュバック。

これでもうなけなしの値切りをせずに冷蔵庫を99,800円の気分で購入できますよ。

お店さまもお客さまも大満足のサービス!さすがダニ!三菱UFJ!!!

すみませんちょっとコーフンして静岡の方言が…。

 

いかがだっただろうか?というよくあるシメ

デビットカードなら安心安全!

つかいすぎることもなく、お財布にやさしいね。

みなさんも是非、デビットカードを作るなら三菱UFJで!!

 

ごめん実は…

はてなブログをプロにしてみた。

で、見出しとかいぢりたかったので適当な文章をかいてしまった。

ごめんね。