まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

心優しいホットマンが伝授する330円で暖をとる一子相伝の秘術

 

 

冬が寒くて本当によかった

 出典:BUMP OF CHICKEN「スノースマイル」より

とBUMP OF CHICKENはのたまうが、ってところでアイフォンにてバンプオブチキンと入力すると勝手にアルファベットに変換してくれる!びっくり!漢字に直すと巨大栗!


バンプ、というか藤原基央はそう歌っておるのだが、果たしてこの寒さによかったも悪かったもへったくれもあるか、とかクダを巻いては思考すると、やっぱり適度な寒さ、というのが冬を満喫するのに適しており、あまりにも寒いと大地は凍結し、古来より伝播、改良を施している農作技術をも凌駕するその寒波は、春先に実るであろう我々の大事な食物を殲滅させ、ゆえに畜獣も餓死、この北半球先進国のニッポンにて平成の大飢饉などが発生する恐れもあり、かといって暖かすぎるのもウィンタースポーツなるもの、たとえばスキー、スノーボード、ワカサギ釣りなどの娯楽レジャー産業に大打撃を与えることになるため、ちょうどよく寒いのが風流じゃん。雪なんかしんしんと降っちゃいなよ、なんて考えてしまう。いや、ほんと人間て傲慢ね。と思います。

この冬を乗り切るための処世を記したい。
なぜなら私はみんなの味方、心優しいホットマンだからである。

しかしなにごとも等価交換。
ただで暖を取れるほど世の中あまくない。
とりあえず最低330円を用意してほしい。
これでこの冬をホットマンとともに乗り切ろう。合言葉はココアdeゴーだ!!!

まず、手頃な松屋を探します。
世界三大牛丼チェーン店ですね。
しかし、しのぎを削る吉野家、すき家ではダメです。かならず松屋。ここは厳守してください。下手すると死にます。保険入ってますか?

店内では礼節を重んじます。武道の心得です。礼に始まり、礼で終わります。ちょっと触れてから開く半自動半手動ドアがひらいたら、大きな声で「ただいま!」と言いましょう。この世界で帰るべき場所がある。こんなにあたたかいことはないのです。


券売機でプレミアム牛丼ミニのスイッチを押します。タッチパネルの場合はタッチします。「南を甲子園に連れてって」は、ちがうタッチです。まさにミスタッチですね。なんか今日は調子が良いです。

適当な座席を見繕って着席します。
するとあなたの存在に気がついた御用聞きが参ります。ふたりの間には会話はいりません。要るのは食券だけです。
「ミニいっちょー」の一声で、あなたの前にはプレミアム牛丼ミニと味噌汁が配膳されます。神の施しです。父なる神の身の一部としていただきます。アーメン。

しかしポイントはここです。
テーブルにセットされている七味、紅ショウガを手に取ります。もちろん順番に1つずつです。焦ってはいけません。箸が持てません。

七味にはカプサイシンというものが含有されています。カプサイシンとは、カプサイ界の万物を統べる全知全能の神。カプサイ界はいわゆる煉獄の魔界。端的に言えばヤバイです。一瞬で丸焦げです。これなら寒いほうがよかった、なんて時すでに遅し。魔界の焔をなめるなよ。


しょうがにも、なにか不思議なあったかくなる効能があります。そろそろめんどくさくなってきました。適当になってきたのがおわかりだと思います。しょうがない。

 

それらを真っ赤になるまでプレミアム牛丼の上に乗せます。

牛丼のうえに七味しょうが丼をつくる勢いがだいじです。まっかです。まさに煉獄。ここはカプサイ界。

これを食します。ここで松屋のチョイスが発揮されます。なぜならご存知松屋は無償で味噌汁が付いてくる!!タイミングによっては高濃度の塩分で!!あれは下手したら死にます。保険入ってますか?

 

かつて、さまぁ〜ずというお笑い芸人の大竹というおじさんの方が「寒くなったらおにぎりを食べる、そしてそのカロリーを燃焼させ暖をとる」という自論を展開していました。私はとても理にかなっているなぁと感心したのですが、科学的には否定されました。科学は神なのでホットマンでも逆らえません。

 

しかし、このプレミアムのミニ牛丼作戦にはカロリーの他に2つの暖をとれるポイントがあります。

それが上記カプサイシンと、松屋の味噌汁です。

私はこのあいだ、クソ寒い中、お腹を空かせて町をさまよいました。そこで目にした松屋の看板。その時食したそのプレミアム牛丼で体はホットホット。そうして私はホットマンとしてこの地球の温暖化に努めているのです。

 

ここまで牛丼、牛丼と騒ぎ立ててきましたが、松屋って「牛めし」じゃん。なぜ松屋では「牛めし」というのか?というと「牛、うまし」がなまったものだと言われていますが、これは嘘です。

 

しかし牛めしで暖をとれるのは本当。

極力松屋にはひとりで行ってください。

なぜか?

店内は少し狭いので

 

ふたりで歩くには少しコツがいる

  出典:BUMP OF CHICKEN「スノースマイル」より

のです。

 

 

スノースマイル

スノースマイル

 

 


 

今週のお題「冬の寒さ対策」