まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

それが魔法というものなら

 

はてなブログの今週のお題は「もしも魔法が使えたら」というものなのだけれど、なんてメルヘンなお題なのだろう。夥しいほどにロマンチックが飽和している。

 

もしも魔法が使えたら、私はまず金持ちになりたいと思う。

なので一万円札を大量に出現させようと思うのだが、ここで問題がある。

 

それは日本の紙幣にはアルファベット文字で挟まれた6桁の数字が印字されており、同じものはふたつとない、という事実である。

 

つまり私が魔法で一万円札を出現させる場合、まずはその青写真を作成せねばならず、その際にかくなる記番号をも任意に設定しなければならない。そうすると全ての紙幣の数字を把握する必要があり、それはとても現実的ではない。

 

「使って仕舞えばバレない」などと邪悪な思案をする御仁もおられるだろうが、よく考えてみて欲しい。新しく出現させる一万円札はピン札である。

ピン札なのにめちゃくちゃ古い記番号が記されていた場合、紙幣マニアなどが一瞥するだけで「ああこれは古代エジプト時代の記番号だ!なんでこんなところに!」なんつって、すぐにバレる。

 

そして、とくに私のような用意周到なA型几帳面人間が作るとなると指紋一つ残らない。つまりそのピン札には私と勘定相手の販売員以外の指紋しか残っておらず、すぐに足がつき、御用となってしまうのである。

 

だから魔法で金持ちになりたい場合、紙幣を魔法でだすのは憚られる。

だから出現させるのは基本的に硬貨となる。

 

日本でいちばん高価な硬貨は←ふふふ洒落てしまった、後悔なんつって。文字数が増える。話しが逸れたので書き直すけれども、ジャパンで一番エクスペンシブなコインは500イェンボールなのだが、500円玉を大量に持ち運ぶのはなかなか骨の折れる所業である。

 

「現金で」と大見得切ってロールスロイスを購入しようとした場合、ロールスロイスはだいたい5000万くらいするので、500円硬貨を10万枚持ち歩かなくてはならない。

500円玉の重さは7グラムらしいので、つまり70万グラム。キログラムにするとこれは700キログラムである。現横綱の稀勢の里がだいたい170キログラムなので稀勢の里4人とちょっとという質量になるのである。台車をもってしても難儀する。

 

「ばかめ。銀行で換金すれば良い」という御仁がおられるだろうが、はは、ばかはてめぇだ。銀行にそんな大量の500円硬貨を持ち運んだ場合、市場に出回る500円硬貨は多くなり、これは市場経済の問題なのでわからない方も多いかもしれないが、たくさんあるものの価値というのは下落してしまう。

 

となると私が魔法で出現させた500円玉を銀行へ持っていくと500円玉の価値が下落し、500円玉なのにだいたい400円くらいの価値になってしまうのである。

つまり換金すればするほど、この世の500円玉の価値がなくなっていき、ついには100円硬貨のほうが高価になるという現象が起こり得るのである。

 

だから基本的に硬貨を出現させる場合、日本中央銀行の魔の手が伸びていないところで、ひっそりと使わなければならない。だから、嗚呼、ここが日本の放置国家でよかった、魔法で出した硬貨は、路傍に放置されているカプセルトイなどに使用するのである。

 

このカプセルトイの需要はなかなかに多いものであり、レアものを出現させた場合、メルカリにて転売。巨万の富を築き上げることができるのである。

 

「魔法が使えるのであれば、いちいち金など使わずに魔法でガチャすればええやん」と考える方もいらっしゃると思う。卑怯な。とだけ申し上げておく。

お母さんは貴殿をそんな卑怯な考えをするような子に育てた覚えはないんじゃないかな。

あとやっぱあのガチャガチャを回すときの少年のときめきを感じたい。たとえそこにレアものがなかったとしても、正々堂々とガチャしたほうが後腐れなく、清澄とした気持ちでいられることは間違いないのである。

 

なので私は魔法が使えたら、硬貨を出してカプセルトイを回しまくる。

そしたらそれをメルカリで転売しまくって、金持ちになって、自家用ジェットを購入。

これで薄給長時間労働の残業で帰りが遅くなっても、いつでも帰宅することができますね。

魔法を信じるかい?

魔法を信じるかい?