まだロックが好き

まだロックが好き

夢破れたサラリーマンがおめおめと生きている日記

イヤイヤ期MAX

スポンサーリンク

 

イヤイヤ期という人生のセクションがあるようだ。

それはいわば反抗期のようなものであって、鬱積を言語や態度で表し、世の中に抗うことにより自己を表現する。陳腐であるが、豪儀でもある。私はそう思う。

 

そんなイヤイヤ期がピークを迎えている。

 

朝の目覚めがまずイヤイヤである。

どんなに揺さぶり起こそうとしても捻転とするばかり。

まったくもって覚醒する気配がない。

カーテンを破り、まだ誰のものでもない清冽な朝日を寝室に満たしても、その瞼は重く閂をしたように開かない。

「おい。おい朝だぞ」と言われても返す言葉は「まだ寝るの!」である。

 

家を出る瞬間がまぁイヤイヤ。

まだテレビみる!と意志頑強である。おそらく出立したくないのであろう。

「靴を履き、玄関を出ようとするとからだが動かないんだ」

みたいなのをなんかで見たことがある。鬱。それなのかしら。

とにかく朝、家を出るときのイヤイヤがすごい。暗澹たる心。

 

保育園で送った時のイヤイヤもすごい。

愛する家族と離れ離れになりたくない。そんな気持ちである。

だから愚図るし、別れ際なんどもタッチをする。

俺に巨額の富さえあれば…ずっと一緒にいられるのに、と思う。

でも現実はきびしー。そしてかなしー。

 

家に帰ってからもイヤイヤがすごい。

風呂にはいりたくない。そのイヤイヤ。

湿った夏。たくさんの発汗をしている。

流す汗の気持ちよさは知っている。

けれどもこれはそういう問題じゃなく、不精。

そういうことなのだと思う。

 

こんなイヤイヤで渡世できるのか。と思う。

でもやりきるしかない。そのためにはどうするのか。

たくさんお酒を飲むのである。痛飲。

 

現実を忘れるため。

とにかくその「現実」とは良い意味で使われることが少ない気がする。

重くのしかかる重圧のようなもの。こなさなければならないタスク。

そんな現実よりも人は夢を見ていたい。夢は素敵だ。

いつだって人は夢に憧れる。夢の中にいたいと思う。

 

だから譫妄に落ちるため。

その勇猛への誘い水として酒を飲むのである。

三十路のイヤイヤ期、酒で解決。短い日記。

ぞうちゃんの いやいや (講談社の幼児えほん)

ぞうちゃんの いやいや (講談社の幼児えほん)