まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

年齢を言い訳にするな、俺。

 

すばらしい!おみごと!粋だね!

って思うのは、今年も懈怠することなく誕生日を迎えるからであって、なんと連続して31回目なんだよ。すごくない?毎年ちゃんと歳とってる。えらくない?

 

歳をとったらできないことがある。

いまからじゃ医者になんてなれない。学者になんてなれない。

バンドだってできない。スマップにもなれない。

高校球児になって熱い雫をほとばしらせることはできない。

そう思っていろんなことを諦めてきた。

 

けれども、そんなことはない。

なにをするにも年齢を言い訳にすることはよくない。

自分に限界をつくるな!世間の常識を疑え!文中で一人称が変わったっていいんだよ!

だから俺は眦を決した。もりそばじゃなくカツ丼を食う。

 

三十路の峠を迎えて、胃袋も静謐な人生をおくりたがっている。

胃袋にしづかに落ちていく蕎麦。

水底の粒子をやわらかく舞い上げるように着胃する蕎麦。

蕎麦まじうまい。うどん?ははは、糖質(笑)。

だからさいきん蕎麦ばかり食っている。

 

ってでも、これはちゃうとおもてます。

俺はほんまはカツ丼食いたいんちゃうかおもてます。

だって男らしいですやん。蕎麦なんてそんなもん食った気せぇへんよ。

ってなんで関西弁やねん。おまん駿河人ら?

 

きっと俺は、俺の中で、というか世間からの「目」を意識して、勝手に理想の大人を三十路の自分に投影しているのだと思う。

大人の俺はドリトスなんて齧らないし、リプトンのミルクティーだって舐めない。

映画はゴッドファーザーしか見ないし、音楽はジャズしか聴かない。

猫はシャム猫しか愛でないし、片手にはブランデー。リムジン。邸宅プール。巨大な家。掃除がたいへん。

 

そうやって選択するものを年齢にあわせて取捨している。

理想の自分を描くために。

 

おろかだよ…そんなの。

 

年齢なんて関係ないんだ。

いいんだよ。素直になれよ。もっと自由に生きろよ。俺。

だから食う。カツ丼を。天丼を。釜飯どんを。

 

だがしかし私は科学ってやっぱすごいと思う。

どんなときでも生体反応はただしく律動するのである。

科学は神。絶対的存在。30にして神の存在に気付く。

 

まずカツ丼のような重たいものを食うと血糖値が上昇する。

すると、まぁ眠くなる。午。

これはやばい。仕事にならない。

カフェインという薬物もさっぱり効かない。

するとどうするか。居眠りをしてしまう。

でもまぁ仕方ない。うまくサボるのも仕事技術のうち。

 

ただやはり消化器官の経年劣化はすさまじい。

丼ものを食えば、たちまちにして体が重くなる。

それは体感としても重くなるし、物理的にも重くなる。

 

胃がずっしりと重く、違和を感じることこのうえなし。

なんなんですかね。あれ。

たくさん食べているからですか?それとも油ものだからですか?

高校生のころはミラノ風ドリアとぺペロンチーノ大盛りを注文していたのに。

自身の器官に重力場が発生している感覚。

 

それにつけて太りやすくなりましたね。

高校生のころ、つけ麺特盛に〆ご飯をおやつに食べていた。

それでもちっとも肥えることはなかった。

胴回りを憂することなんてなかったのに!

部活はやっていたので運動量はありましたが。

でもやっぱ基礎代謝というものが落ちているんでしょうね。

「もっちー、ふとった?」と言われる恐怖。

 

でも俺は食うんだよ。カツ丼を。倒置法を駆使して。

でもそれはきっと「年齢なんて関係ない」っちゅう文言に触発され、年齢の壁を超越しようと、逆に年齢を意識するあまり、年齢にたいして、というかこの現実の身体髪膚に対して、反骨の精神をもつ、というある種のパラドックスなわけであって、だから「年齢なんて関係ない」と思っているうちは、それはとても年齢を気にしているということであるから、ほんとうに年齢なんて関係ない、と思うなら「年齢なんて関係ない」なんて言わないと個人的には思うのですが、でもやっぱそういった点で「年齢による選択」ってあると思うんですね。カツ丼より蕎麦をとる、みたいな。

でも、とりあえずダイエットはしたいと思います。なにをはじめるにも年齢なんて関係ないですから。

肌年齢も気になりますね。ドモホルンリンクルしようかしら。

【乾燥対策に】ドモホルンリンクル 保湿液 約60日分

【乾燥対策に】ドモホルンリンクル 保湿液 約60日分