まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

イギリス人になりたい

 

 僕が白人だったら長い足とブーツでフロアー蹴りつけビートルズが好きって言ってフィッシュアンドチップスを食べる、みたいなことに羨望というか憧憬がある。おれは転職してイギリス人になりたい。ちょっといまデューダでさがしてるところ。

 

 古来より継承された石畳ふうの街衢に、最先端の都市的な空気が流れ込んでいて、ビクトリア様式の建物が囲繞する、そのカフェのパラソルのしたで、背広の白人がティーをたしなむ。助詞のおおい一文。むろん茶器はウェッジウッド。レモンティーは紅茶じゃありませんしwww みたいな。

 

 背広はアメリカ人よりイギリス人のほうがぴしゃりと似合う気がしている。やはりそこは王国の権威というか、有職故実な風潮によるのだろう。アメリカ人はパワー系だが、イギリス人はインテリジェント系。個人のイメージです。

 

 そのパリっと感がかっこい。イギリス人になりたいとか書きながら「パリ」とか形容するのはちょっとどうかとおもうけど。どんどん書こう。ロンドン書こう。イギリス人ってスマートな印象があって超かっこいい。眼鏡はウェリントン型。もうキングスマンの幻影ですね。観てないけど。

 

 ただ問題は、そういう「ウェリントン型の眼鏡が似合う超かっこいいイギリス人」というのは、たいがいが富裕層であって、果たしておれがイギリス人に転生したならば富裕層になれるのか? というアプリオリな問題が惹起されるのですけど、おれはきっとイギリス人になっても超貧困層。きっと前世は極悪人だったのだろう。仏教的輪廻転生。

 

 あーあ、じゃあしゃあねぇや。やさぐれゆうちゃん。ってなもんであるが、しかし。貧困層のイギリス人。よれよれのパーカーを着て鬢まで生えた無精髭。ふだん光のない瞳であるけど、ひとたびサッカーが始まれば血が踊る。パブではグリーンキングアイピーエーをワンパイントで女とサッカーの話ばかりしている。そして極めつけはヤク中。

 

 トレインスポッティングみたいじゃん! よくね!? これはこれで趣きがあるというか! なんかブリットポップでかっこよくね!? たぶんオアシスじゃなくてブラー派! 寓居は安いフラットで寝床のマットレスだけが寂寥としておいてあるだけ、みたいなの。あとビーフィーターの空壜。あはは、いいね。貧困層のイギリス人。いいよ、いい感じ。なんか一発逆転のもうけ話を聞いてチャレンジ、でも失敗してみんなに見放されてからまじめに人生を歩みだす、みたいなストーリーが背後に透けて見えるわ。ありきたりだけどドラマチック。判じ物。

 

 でも食い物がまずいって評判だしなぁ。でも、って「でも」が続くけど、食い物がまずいと蓋然的に食事がつまらなくなって、ってことはあまり食事をしなくなって、つまりはおれダイエットできるんじゃないの!? いいじゃん! それってすてきじゃん! ナチュラルな食事制限じゃん! とりあえず痩せたいから、おれやっぱイギリス人になりたいわ。

トレインスポッティング(字幕版)