まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

なべて世は事もなし、ってただの日記。見んな。ってなら公開すんな。アハン?

 

 てぇへんだ! てぇへんだ! いやもう騒然。まったくこまったもんだ。ってこともないけれどね。そこそこ騒々しい。はは。ね。よくわからん。酒はのんでない。ってなると寝れん。フライデーナイトはお願いモーニング。って知ってる?

 

 無為徒食だよ。まったく。つうことで、いっちょラジオヘッド、ん? レディオヘッドだって? ってじゃあ足下はエフエムレディオなんて言うんかい? つうかほんとはレィディオなんじゃないか。ってなると、レィディオヘッド、ってゆうか「レィディオヘッッ!」ってのがもっとも日本語表記的には正しいんじゃないの? おれは向こう*1での生活が長かったのでそうおもう。

 

 で、レディヘを聴いてた。キッドAから順を追っていこう。というチャレンジ。きっと寝れるだろう。とおもってね。結果、キッドAの途次、ムームというアイスランドのエレクトロポップ? のバンドを知り、聴いて、いいなぁ、とおもって寝れず。縹緲たる時間と空間。

 

 二時か三時、草木も眠るそんな時間、「ねぇ草木、寝た?」「…」「寝たみたいね」「じゃあ寝るかな」「そうすっか」ってかんじでたぶん寝た。で三歳児に起こされた。六時半くらい。オッケー。でインスタントのラーメンを朝餉にふるまっていただいた。妻に。倒置法。

 

 急遽。近所、と形容するにはちと遠い、自動車を運転して天運よく事故らずにいけば二十分くらいかな? でかい公園に行った。途次。セブンイレブンでおにぎりを購買した。昼食用。

 

 晴天。土曜。気温は重畳。陽射しは超イイ。ローラー式の滑り台にのって遊戯した。雑踏。暇人たちの輻輳。子どもたちにとって、あらゆる可能性は存在している。それは滑り台の潜入経路というものがたくさんある、ということからも察せらるる。メタルギアソリッドファントムペインみたいやね。

 

f:id:yuasayo1013:20180429010521j:image

 

 広場に行く。毛氈、ってそんないいもんじゃねぇけど、ちょっとふかふかの敷物を広げ、そのうえに折りたたみ式のテントを設営する。基地。セブンイレブンで購買したおにぎりやパンを貪食したもうて。

 

 セブンイレブンのものはなんでもうまい。たぶん中毒性のある薬物とかが入っている。なんせテーマ曲がデイドリームビリーバーで、それがタイマーズバージョンなんだもの。超公式の発表ですね。それでも食う。

 

 その公園には用水路が流れている。井戸から湧き出ているものを囲い岩に流し込み、人造の池にしている。その河川は子どもがあそぶのに適しており、たくさんのひとたちが水に足を浸していた。

 

 息子はさいしょ「こわい」と言っていたが、ってゆうかそう言っててくれればよかったのに、いや、まぁそんなこともないけれど、結句、水に狂った。おれも一緒にはいった。水底には木々の翳が沈んでいて、水面には揺曳する光と瞬間が乱反射していて、飛沫と歓喜の声があがっていて、なによりすげぇつめてぇの。やんなる。足いてぇし。

 

f:id:yuasayo1013:20180429010644j:image

 

 けれども、その場所には誰一人、不幸な人間がいないように感じた。まぁきっといろいろあるんだろうけど、一時的な気散じという意味において、最強のパワースポットだった。

 

 悪事千里をはしる。よのなかいろいろあるけれど、あまりとにかく言うこともなく、ただおれはおれで精一杯生きるしかなく、けっきょくこんなもんだろ、って人生だけど、等覚一転名字妙覚ともいうし、きっとまぁ仕合せってのは、こういう手の届く範囲のものであるのだなぁ、と解脱した。マジちょっと釈迦。

 

 すこし足を乾燥させて帰宅した。近所のキッズが遊んでいたのでまじわった。疲労。夕飯はピザを配達せしめて食った。うまかった。白髪を二十本ほど抜本したが、まだ無限にあるそうだ。やだね。ったらやだね。そんでキッドAから聴いてる。眠くなったね。

 

f:id:yuasayo1013:20180429010729j:image

*1:静岡