まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

悪役がクルミを手の中でカチカチするやつは不眠解消に効果的だとおもう

 

 アリさんマークの引越社、という株式会社が「なんでそんなにでかくなったのか」という自問自答に「まじめにやってきたからよ」なんて言っていて、これは差別だとおもった。すなわち、かれらは暗に「ちいさいものはまじめではない」と言っているのである。訴訟問題である。

 

 まぁでも世上万般、大男総身に知恵が回りかね、なんていうので、そんな戯言もゆるしてやるか、という気性になったものの、はて、おれはけっこう真率まじめにやってきたつもりなのに、なぜかそんなに大きくないのは、どういう因果なの? とおもったのである。

 

 しかし年齢的にこれいじょうおおきくならない。だから、廉直まじめはもうやめよう。いっそ悪に染まろう。そうおもったのである。悪に染まるにはなにからはじめればよいのか。あの手の中で胡桃をカチカチするやつをやろう、とおもったのである。

 

 くるみを所望したので、アマゾンで諜報活動をしていると、ひとつの商品に目が注がれた。写真機で光の瞬間を切り取ってみた。なかなかの写真術であった。以下である。

 

f:id:yuasayo1013:20180518094121j:image

 

 みてくれはガンダムハンマーみたいだし、色彩はポップである。が、これを手の中で回転せしめ、カチカチ、コロコロしていると、なんだか悪いことを権謀術数しているみたいで、ほんとおれって老獪、みたいな気持ちになることができた。

 

 しかし、悪役の気分になれただけではなかった。存外な効果があったのである。それはつまり、不眠の対策になった、ということである。

 

 おれは不眠気味だ。すっ、と眠れるタイプではない。だから酒をのんで意図的に人事不詳に陥り、酩酊して気絶せしめていたのだけれど、よんどころのない事情により、いまは酒を飲んでいない。

 

 つまり眠れない。読本などしてみても、おれは裸眼が凄まじく悪いため、ひたすら肩を凝固せしめるだけである。さびしい人生だ。

 

 だからおれは布団の中でいつも輾転反側としていた。そんなときに悪役になろうとおもったのである。闇に乗じて悪事を謀ろうとおもったのである。

 

 そうしてこいつをくるくるカチカチ。たなごころのなかでもてあそぶ。このとき人体にふたつの反応が喚起され、それがひとを、おれを眠らせようと、催眠の効果があったのである。そのわけを話そう。パブロ・ネルーダ。

 

 まず一つ。手の平のツボが刺激される。手のひらにはたくさんのツボがあるらしく、それが丸い突起により刺激される。手の中が熱くなり、末梢神経の血流が果々しくなっている感がある。科学的根拠はない。個人の感想です。

 

 ときおり、妻が手をマッサージしてくれることがある。そのとき、手のひらを按摩されると眠くなる。そんな按摩とどうようの効果があったのである。

 

 ふたつ目の効果は、これを手のなかでコロコロしていると、なんだかなにも考えずにすむのである。これがすごくすてき。

 

 おれは頭のわるいくせに、いろいろと考えすぎる癖があり、「今後の人生プランどうしよう」という不安がいつまでも払拭しきれずにいるのである。しかし、手の中でコロコロしていると、脳神経が総動員で手先を運動せしめようとし、ニューロンとかシナプスとかの電気信号が、ふだんの「明日も会社いやだな、どうしよう」みたな思想にまでたどりつかないのである。かといって、「人差し指を曲げ、どうじに中指を同期的に半分曲げし、そのぶん薬指と小指は脱力し…」などかんがえるわけでもなく、無だよ、無。なにも考えずにすむ。これがとってもいい。

 

 あたまのなかがカラになるのはいい。くるくるしながら妻とテレビなんかをぼーっと眺めていると、このインソムニアのおれが眠くなるのである。妻も「これいいね」つってた。

 

 まぁ、あとおまけの効果として手持ち沙汰がなくなる。いいよね。スマホいじらなくなる。ほんとは悪事を謀ろうとしたんでなく、スマホで疲れた腕の筋肉をうごかそうおもったんですよね。手のリハビリなんかに使われてるみたいだし。肩とかにあててマッサージしてもいいね。100均とかであればいいんだけど、そうなると某引越会社みたいなダンピング、不当廉売がおこって、デフレーション。世の中たいへんですね。

ポルタノーチェ (クルミ手指マッサージャー) 2個組 ブルー 457