まだロックが好き

まだロックが好き

おめおめと生きている日記

夏の日、残像、アジカン

 さいきん、「ソルファ以降のアジカンもいいから聴いてくれ」みたいなブログを読んだ。おれはソルファ以降もちょくちょく聴いてはいたが、聴くというよりは聞き流す、といったていどであった。

 

 ソルファは売れすぎた。当時高校生であったおれは、とにかく「売れているもの」に嫌悪をいだいていた。まぁだいたいロックが好きな高校生ってそんなもの。そうじゃないやつはただ流行っているものが好きなだけ。おれがいま高校生だったらワニマなんてぜってぇ聴かねぇよ。という狭隘なこころ。でも、みなさんだいぶ心当たりあるのでは?

 

 ソルファ以降アジカンは「流行っているもの好き」が聴く音楽になってしまった。世間にその存在が露見してしまったのだ。むろん、これはアジカンが悪いわけではない。ハガレンが悪い。売れるキャッチーな曲をつくってしまう、という罪はあったかもしれない。

 

 ゆえに、当時。好きなバンドリストにアジカンを入れることは、ロックが好きな高校生のあいだで御法度となった。ちなみにエルレも。だが、おれはソルファを聴いていた。むろん、君繋ファイブエムもである。隠れアジカニアンだったのである。

 

 しかし、ソルファを前にして「これを踏まなければアジカニアンだとみなす」と詰問されれば、迷わずそのジャケを踏んだであろう。ばれたくなかったのだ。アジカンを聴いていることに忸怩たるおもいをいだいていたのである。

 

 おれはソルファよりも、君繋ファイブエムのほうがよほど聴いた。おそらくソルファで爆発的な人気を得るまえだったので、ひんぱんに聴いたのだろう。当時はMDという録音媒体にCD音源を吹き込んでいた。おれは一枚のMDに一枚のCDという縛りをもうけていたので、通学リュックにはたくさんのMDが詰まっていた。きぶんで聴きたいものが変わったときの恐怖があったのだ。

 

 アジカンの演奏には独特の色彩感がある。おそらくジャケットの絵画にひっぱられているぶぶんもある。君繋ファイブエムの一曲目「フラッシュバック」という曲なのだが、いっぱつめのマイナーコードにふくまれた、デカダンで怒りにみちた破壊衝動の色彩。だが、ただ破壊的なだけではなく、崩壊後の世界を構築しようとする創造性の色彩があるようにおもう。ちなみにおれがオンコードという概念をまなんだのは、ミスチルでもアイコでもなく、フラッシュバックのサビ*1である。

 

 創造性とかいたけれども、なるほど当時二十代であったアジカンメンバーに、それを成し得る力があったかどうかは不明である。ただその創造を信じる力、のような、とても純白なこころを「未来の破片」という曲のサビの立ち上がりにおれはかんじたのだった。暴力的なコードストロークと断片的なメロディがおりなすマイナー調のなか、凛とたちあがるメジャー調のサビのメロディに、彼らが抱いていたピュアな行き場の無い衝動と、なにかを信じる若人の翳をかんじてしまう。

 

 アジカンの演奏はひかくてきシンプルである。うわもののギターもオクターブ奏法がおおい。ゆえに、ロックに必定な衝動感がかもし出されているのかもしれない。これをよく疾走感として形容するが、この疾駆する感は、けっしてバイクや自動車などの機械的な疾駆感ではなく、人力の、肉体的な速さであるようにおもう。

 

 そこがアジカンの親近感であり、みずみずしさであるとおもう。アンサンブルが優れているわけでもない。ただただ素人くさい足し算の音楽である。だが、なぜだかそこには聞き逃してはならない形而上のなにがが宿っているようである。しかし、それこそが「ロックが若者の音楽」である答えをはらんでいるのではないか、とおれは常々おもっている。

 

 後藤氏のつくるメロディはとてもキャッチーで覚えやすい。「フラッシュバック」、「未来の破片」とつづいたあとの「電波塔」、「アンダースタンド」に澎湃とするメロディアスである。妙に音楽ずれしていない、かれが音楽を好きになって蓄えてきた、手が加えられていないとてもナチュラルなメロディである。それがとてもポップでキャッチーだ、というところに後藤氏の生得的な才覚があるのかもしれない。

 

 ほんらいこの記事は、おれのアジカンの思い出と、当時聴いていた「君繋」、「ソルファ」は夏にあうんだよなぁ、という懐古を記載しようとおもっていたのだが、なんだか「君繋」のレビューみたいなかんじになってしまった。

 

 しかし、やはりこの「君繋ファイブエム」というアルバムは、夏のにおいがする。これは個人的な印象である。だが、「夏の日、残像」という曲に、その夏感にたいする異論はないだろう。夏の生ぬるい雨のようなアルペジオに、夕景の下町を力任せに駆け抜けるような畳み掛けるメロディ。なんて名曲だ。どうじに「無限グライダー」には、やわらかな風が吹き付けるような悠々とした草と空のにおいがする。なんて名曲だよ、ほんとに。

 

「ソルファ」にはたしかに捨て曲がない。かといって「君繋」に捨て曲があるか、といえば、それはバンドには失礼な話しなのだが、アルバムらしい曲というのはある。「N.G.S」なんてくっそかっけえよ。しかし、おれはアルバムというのは全曲「強い曲」であるひつようはないとおもうし、なによりぜんたいのバランスを考慮のうえ、全曲たのしめるのがもっとも優れたアルバムだとおもっている。まぁ今般、プレイリストをつくって一曲一曲聴く時代なのでアルバム自体が無粋なのかもしれないが。

 

 やはり、もっともこのアルバムで舌を巻くのは「君という花」である。上記した曲はすべてアジカンらしさがあり、アジカンの曲として成立しているが、「君という花」という曲だけはアジカンの手をはなれ日本のロック青史に名を列する大名曲であるとおもう。わるいがリライトなんかよりぜんぜん。

 

 BPMは120程度か。ヨツウチのドラムにバッキングのギターがパンをふって二本、ベースもルートを弾く。そこにのっかるオクターヴ奏法のギター。このギターが印象付ける良い意味で「力の抜けた」感。それはこの曲のボーカルメロディがさらにそれを証左する。もう、こんな肩の力の抜けた、だけどすんげぇ強いメロディってありますか? ねぇっつうの。ミスチルの「クロスロード」や「口笛」という曲がそういうふうではあるが、この「君という花」をファーストフルアルバムで完成させてしまうというバンドの天才ぶりですわ。このバンドおかしい。おれたちの遺伝子に穿たれているペンタトニックスケールを呼び覚ますようなメロディじゃね。まじですげぇ。ほんとどうかしてる。やばくね。

 

 ひさしぶりに「君繋」を聴いたら、高校のころの思い出がフラッシュバックして、オレンジ色に染まった君という花を追いかけたあの夏の日の残像が、電波塔を背景にして蘇ったようである。なんていういいぐあいの落ちを思いついたのでこのへんで擱筆しておく。くぅー、甘酸っぱいぜ。

 

君繋ファイブエム

君繋ファイブエム

 

*1:サビの二個目でベースがF#m、ギターはAをひいているので